ホンダとマクラーレンの関係が風雲急を告げている。(写真:ロイター/アフロ)

ホンダとマクラーレンとの関係が、風雲急を告げようとしている。

 モンツァを訪れていたホンダの山本雅史モータースポーツ部長は「いろんな方々とさまざまなミーティングをしています。あとはパズルをどうはめるか。いろんなピースがあるので、それをうまくはめていかなければなりません」と決断が間近に迫っていることを示唆した。
その決断とは、ホンダがマクラーレンとの関係を解消することだと言われている。

 マクラーレンがホンダとの関係を解消したいと考えているのは、もはや周知の事実である。その背景には現在マクラーレンのエースドライバーで、元王者のフェルナンド・アロンソの意向がある。

 8月下旬に行われたベルギーGPでは、アロンソはこういう表現でホンダを批判した。
「ホンダではないエンジンを搭載していれば、ベルギーGPの予選でマクラーレンは1-2だっただろう」

 今年でマクラーレンとの契約が切れるアロンソは、残留の条件として、ホンダ以外のパワーユニットを希望している。もちろん、ホンダのこの3年間のパフォーマンスを考えれば、アロンソがホンダを信用できないのは当然ともいえる。

 だが、ホンダはマクラーレンと長期にわたる契約を保持しており、マクラーレンが契約を破棄することになれば、違約金が発生する。さらにホンダ以外のPUマニュファラクチャーはすでに3チームにPUを供給していることから、4チーム目となるマクラーレンへの供給には消極的だった。交渉は行き詰まるかに思えた。

 そこに浮上してきたのが、トロ・ロッソだ。レッドブルの兄弟チームであるトロ・ロッソは、将来的にはレッドブルから独立する道を模索し始めている。現時点では性能面でルノーより下回っていると言われるホンダのPUだが、世界的な自動車メーカーとの提携は、トロ・ロッソにとって性能不足を埋めるに十分なメリットがある。

 ホンダとトロ・ロッソの提携が実現すれば、現在トロ・ロッソが使用しているルノーPUをマクラーレンが手にする。トロ・ロッソ・ホンダの誕生は、ホンダとトロ・ロッソだけでなく、マクラーレンにもメリットがある三方一両得な解決案だった。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします