上原のブログにはスポーツ心理学上大きな意義がある。(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 9月2日の試合を最後に登板のないシカゴ・カブスの上原浩治だが、20日、自身のブログで「順調に回復していたけど、シーズン内の復帰が難しくなったかな」と明かした。下半身の腫れや痛みが引いたが、腰と脇腹付近に異常が発生した。MRI検査を二度受け「一体どうなってんねん俺の身体」と嘆いた。

 そのブログでは、「でも肘や肩を痛めたわけじゃないから、少し時間が経てば治るはず。いま、チームとは別行動で、自分はシカゴに残留してリハビリの日々。どうにかして、プレーオフのどこかで試合に投げれるようにしたいけど...。(中略)まだ前向きになるには時間がかかりそうだけど、いまやれることをやる。自分のために動いてくれてる人がいるんだし、そういう人に感謝しないと」と、素直な感情を吐露。まるで自らに言い聞かせるように、その一字一句にポジティブな決意をにじませた。

 試合後に書いているであろうブログで上原は、配球やなぜそういう球を投げたかまでを書き記し、打たれたときには、その悔しさをさらけ出す。また、自分の状況を客観視しながら、自分を鼓舞したりもする。

 以下、彼のブログから、いくつかを抜粋して引用するーー。

気持ちで負けてたらあかん。同じ人間がやってんだから、同じプロがやってんだから...
結果が出てない時、どうしたらいいかを自分で考えてやらないとね。
自主トレとか、考えてやってきてるんだから、何の為に一人でやってきてるのか...
自分を信じるしかない!(2017年6月11日)

先頭の四球が全てかな...(涙) でも、2-2 からの球をボールって言われたのが悔しい。
チャートとかを見ても、ビデオを見ても、枠に入ってるやん......
くそ~、終わったことやから返ってこない。いまだけ愚痴らせてください。(2017年7月2日)

悔しい...せっかくのチャンスだったのに。今回は、二点のビハインドでの登板。
そこを抑えてれば逆転のチャンスがあったのに、点を取られたことで士気が下がった...
また先頭の一発。全然反省が活かされてないよね。毎回、同じことの繰り返し (涙)

中略

ナイターからのデーゲーム...^^; 嫌な、苦手なことだけど、そこに投げる機会が多い。
ここの調整の仕方だけは、いろいろ試してるんだけど、結果が出ないんだよなぁ。
いろいろ愚痴ったって、もう試合数は残りわずか...。
やるべきことをやる。もうこれしかないや。あれこれ考えても仕方ない。
とにかく結果が欲しい。もがきながら頑張ります! (2017年8月29日)

 これらはいずれもファンに報告するという体裁ではあるものの、先日ふと、こうして振り返る行為そのものに意味があるのではないか、案外、彼を支える要素になっているのではないかと考えた。それを國學院大學の人間開発学部健康体育学科助教で、スポーツ心理学を専門に教えている伊藤英之氏にぶつけると、肯定した。

「試合のパフォーマンスの結果や思ったこと、感じていたこと、考えたことなどを振り返ることは、スポーツ心理学の視点から見ても極めて重要なことです」