大谷獲得に裏技はあるのか(資料写真・黒田史夫)

日本ハムの大谷翔平(23)が今オフ、メジャーリーグに移籍する意向を固めているという情報が全米にまで広がっている。ただメジャーでは、昨年オフの労使交渉で、海外選手を獲得する場合の契約金の制限が23歳から25歳に引き上げられた。25歳未満の選手との契約に使える金額は、475万ドル(約5億2200万円)から575万ドル(約6億3200万円)までしかない。
 
 もしも大谷が25歳以上となりポスティングでメジャー移籍を果たした場合、その契約金と年俸をあわせて総額2億ドル(約220億円)にもなると予想されているが、今オフの移籍となるならば、その50分の1ほどの価格。本来の市場価値とかけ離れた大谷との契約に向けて各球団も手探り状態のようだ。

 米ESPN電子版は「大谷はどのようにして200ミリオン(約220億円)を無駄にすることができるのか」というタイトルで、大谷獲得に備えるメジャー各球団の様子を伝えている。

「全30球団はマルチな才能を持つスター選手を獲得するための2000万ドル(約22億円)の入札額を払おうと書類を提出するだろう。たとえ球団のエグゼクティブが自分のチームにはチャンスはないと思っても…。どのゼネラルマネジャーも、ファンに対して、どうしてこのオフシーズンを独占するようなスター選手に関心を示さなかったかファンに説明したくはないからだ」
 まだ新しいポスティングシステムは決定していないが、同記事では、昨季までの入札金額を例に出して全30球団が獲得に名乗りをあげると予定している。

 そして、記事は、「大谷の希望はミステリーに覆われている。ピッチャーとスラッガーである大谷がどこでプレーするのかを決めるときに、どのような要素が彼の決断の違いにつながるのかをメジャー各球団は把握しようとしている。地理的なことか、球団のマーケットサイズか、友好関係か、イチローや松井秀喜ら才能ある選手をリクルートできることか。機会が保証されることが重要か。代理人と関係のあるチームか。指名打者制の規則か。それともどの球団も知らないこれ以外の要因か?」と、金銭闘争とならない状況下で、大谷が移籍球団を決める条件が何になるかを各球団が懸命に探っている状況を伝えた。

 記事を書いたバスター・オルニー記者は、このような声も紹介している。
 
「スカウトは大谷を獲得するための糸口を見つけようと時間をかけて調査をしている。しかし、ある評価者は“信じられないくらい分からないことがたくさんある”と言う」。

 また大谷の寡黙な態度も謎を深めている原因の一つと見ている。

「我々の知っている限り、大谷は彼の計画について話す時にはとても注意深い。彼の寡黙さが、状況を査定しようとするチームにとっては不確定要素を増している」
 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします