高校通算111本塁打を放った早稲田実業の清宮幸太郎選手が22日、同校で記者会見し、卒業後の進路について、「自分の夢は、大学に行くにしろ、プロ野球選手だった」と述べ、プロ入りを目指す意志を表明した。

[写真]プロ志望を表明した清宮幸太郎選手

 会見には同校野球部の和泉実監督や藁谷友紀校長らも同席した。

※午後12時40分から行われた会見の模様を録画配信でお届けしました。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします