9月22日、Appleと国内大手携帯電話会社3社からスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が発売されました。この新作Apple Watchに関する最大のトピックスは、デバイス単独で電話の待受けと音声通話が可能になったこと。今回は、これを実現した「eSIM」という技術について解説するとともに、ユーザーにとっての疑問を整理します。

様々な端末に通信・通話機能を組み込めるeSIM

9月22日に発売された「Apple Watch Series 3」(写真:ロイター/アフロ)

 これまでも、スマートウォッチやウェアラブル活動量計などでスマートフォンへの着信やメール受信などを通知する機能は存在しており、それは従来のApple Watchでも可能性でした。

 しかし、これはあくまでもスマートフォン側の着信を知らせるだけの機能でした。またスマートフォンとスマートウォッチは常にペアリングしておく必要があり、セットで持ち歩かなければ使えませんでした。

 これに対して新しいApple Watch Series 3では、iPhoneを携帯していなくてもiPhoneの電話番号に届いた電話の着信を受けることができ、Apple Watchのスピーカーとマイクを使って相手と通話することが可能になります。

 また、独立して通信を行うためSMS(iMessage)の受信やSiriの利用、Apple Musicの音楽ストリーミングもiPhoneなしで使用することが可能です。ついに「腕時計型携帯電話」への大きな一歩を踏み出したことは、筆者にとってはiPhone Xの発表を超えるほどの大きなインパクトでした。

 Appleによると、この通話機能はiOS11以降を搭載したiPhone 6/6Plus以上のユーザーが使用でき、電話番号は所持しているiPhoneの番号と共有になります。そのため、セルラー版のApple Watch Series 3にとってiPhoneは“親機”という扱いになり、同じ携帯電話会社で使用することが必須に。

 ドコモは「ワンナンバーサービス」、KDDI(au)は「ナンバーシェア」、ソフトバンクは「Apple Watch モバイル通信サービス」という名称で、iPhone とApple Watch Series 3を紐付けて利用できるオプションプランを用意しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします