田中みな実(2016年9月撮影:志和浩司)

 元TBSの田中みな実アナウンサー(フリー)が26日、TOKYO MX「5時に夢中!」で代打MCを務め、「最近は誰もとろめいてくれない」と発言するなど、またまた話題になっている。今月13日発売のファッション誌「anan」(2069号)の表紙では上半身ヌード、肘でバストトップを隠した”肘ブラ”ポーズを公開して反響を呼んだばかり。いよいよ再ブレークの時がきたか?

銀座『黒革の手帖』のリアル

共演者のツッコミに“いい感じ”に応える「最近だれもとろめいてくれない」

 この日、アナウンサー同期の上田まりえアナ(元日本テレビ)とMCを務めた田中アナ。冒頭からコメンテーターの作家・岩下尚史氏に「(ぶりっ子キャラだったTBS時代の)あなたの同僚の人にいろいろお噂は聞いてましたよ。評判が良かったよ~」と意味深な(?)ツッコミを受け、「いやいや怖いです、いいわけないんだから。わかってるんですよ」とたじたじ。

 さらに「追跡ベスト8」のコーナーでは、田中と上田がともに31歳であることから、世の31歳はどういうことを考えているのか、一般人に街頭アンケート。

 「1歳の息子が最近ママと呼んでくれるようになって幸せ」(主婦)、「こういう仕事って自分自身が商品。また会いたいと思ってくれるのがダイレクトに伝わるので嬉しい」(風俗店勤務)、「音楽で有名になりたい。売れなかったらこのまま年老いて、みたいな不安もある」(バンドマン)など、男女問わずさまざまな31歳が答えた。

 VTRが終わり、上田からどう思うか振られた田中は、「私も人のために悩めるようになりたいなって思うんです。子どもだったり旦那さんだったりとか。ほんとに今、自分のためだけに悩んでいるのがスゴく時間がもったいないと思っちゃう」と主張。すると、またも岩下から「目、キラキラさせて。それでアンタ男をとろめかすんだな」のツッコミが。これにはカメラ目線で苦笑いの田中、「いや、とろめいてくれないんです、最近誰も」と苦し紛れの吐露で逃げ切った。

「元カレに幸せになってほしい」にエール

田中みな実(2016年9月撮影:志和浩司)

 続いて「夕刊ベスト8」では「女性自身」の「女性は元カレを語ってしまいがち」を取り上げた際、北斗が「別れた男なんか幸せになってもらいたくない、と思わない?」と語ると、「思わないです、幸せになって欲しいと思います」と小鳥のさえずりのような可愛い声で反応。北斗の「ウソつけー!」に、「やっと最近そういうふうに思えました。ようやく。ちょっとだけ時間がかかりました」と笑顔の抵抗。

 交際を公言していたオリエンタルラジオ・藤森慎吾との破局が2015年秋に報じられてから約2年。ようやく立ち直った様子だ。北斗が満面の笑みで「いいの見つけなさいよー」とエールを送ると、「次こそは」とカメラ目線でしっかりガッツポーズを決めていた。

 コケティッシュな魅力で人気のあった田中アナだが、最近は30代ならではの色香で艶っぽさを増している。注目の女性アナの一人であることは間違いない。

(文・写真:志和浩司)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします