民進党は28日、両院議院総会を開き、前原誠司代表が提案した新党「希望の党」への事実上の合流方針を満場一致で決めた。

【写真】民進党の今後は? 前原代表、参院も「一つになること目指す」

[写真]9月28日、民進党の両院議員総会で拍手する前原誠司代表(つのだよしお/アフロ)

 総会は午後1時半から始まり、前原代表が「どんな手段を使ってでも安倍政権を止めなくてはいけないのではないか。理想の社会をつくるために、名を捨てて実を取る。もう一度政権交代を実現したい」と訴えた。そして、「これは他党への合流ではない。政権交代のためのプラットフォームをわれわれがつくる。みなさんとこれからも行動をともにしたい」と述べ、所属議員らに理解を求めた。

 その後、非公開で方針が議論され、午後3時ごろ、拍手による満場一致で方針が了承された。

[写真]多くの報道陣が押し寄せた両院議員総会に集まった所属議員ら

 前原代表が提案した内容は以下の通り。

・今回の総選挙における民進党の公認候補は取り消す。
・民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。
・民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします