民進党の前原誠司代表は28日、新党「希望の党」への事実上の合流方針を決定した両院議員総会後に会見し、自身は当面代表を辞めるつもりはなく、希望の党との交渉や民進党の党務などを続けると語った。次の衆院選には「無所属」で立候補するとの報道も流れたが、どういう形で出馬するかは「今後検討する」とした。

【中継録画】民進党の前原代表が両院議員総会後に記者会見

「希望の党」との交渉は前原代表に一任

[写真]両院議員総会後に会見した前原代表

 今回の方針決定を受けて、民進党の衆院選の立候補予定者は原則、民進党を離党して、希望の党の公認申請を行うことになった。また希望の党との交渉も前原代表に一任される。

 全員が希望の党の公認を得られるかは「今後の交渉」になると前原代表はいう。希望の党サイドからは、リベラル派の受け入れに慎重だとか、安保法制や憲法改正への考え方といった制約を設けるとの報道もあるが、「われわれは一緒にやってきた仲間。どこの党にいたかは関係ないという立場で交渉に臨んでいきたい」と強調した。

 総選挙に向けて、衆院側は希望の党への事実上の合流方針が決まったが、一方で民進党にはまだ参院議員は所属しており、地方議員や党員サポーターも残っている。そのため民進党自体は存続する。

 前原代表は「私が離党すると代表がいなくなる。民進党の代表を辞めるつもりはない」として当面、代表を続ける意向を示した。その上で、参院議員や地方議員、党員サポーターの今後については「衆院選後にどういう形で合流するか、しっかり代表として残るので、一つになることを目指して努力していきたい」と語った。

 解党的合流か?との問いには「私は小池代表の言うアウフヘーベン(止揚)だと思う」と回答。衆院選後の解党についても「選挙後にどういうやり方がいいか、あり方を含めて決める」と述べた。党勢が復活した場合に民進党として議員を増やす方向性も否定し、「希望の党を大きくしていきたい。政権交代を目指す」とした。

 前原代表自身の衆院選については「希望で出るか、無所属か、まだ決めていない」と述べた。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします