動画をもっと見る

 東京都の小池百合子知事が代表を務める国政新党「希望の党」と特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が5日夜、都内のホテルで政策協定調印式を行った。

[画像]希望の党の小池代表(左)と都民ファーストの会の荒木代表がサインした政策協定

 小池代表と都民ファーストの会の荒木千陽(ちはる)代表らが出席し、それぞれ協定書にサインした。

[写真]

 合意した協定書の大きな柱は、衆院選に向け、都民ファーストの会は一致団結して希望の党の候補者を全力で支援すること、国政と都政で一体感を持った政策を実現することができるよう協力関係を構築すること。具体的な政策では、希望の党は都民ファーストの会が目指す「東京大改革」を尊重し、各種政策の実現に最大限努力するとしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします