清宮はプロで通用するのだろうか。(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 プロ志望届を提出した早実・清宮幸太郎の運命のドラフトが刻々と近づいている。先日、広島、日ハムを除く10球団の編成、スカウトらとの事前面談を終えた。各チーム30分の時間制限の面談。あの手、この手で球団側のアピールが行われた様子だが、ラグビーのヤマハ発動機の監督でもある父・克幸氏も出席して鋭い質問も投げかけられたという。面談によって「選別」された球団は、どこなのか。最終的には何球団が1位で競合するのか、など興味は尽きないが、そもそも清宮は10球団が競合する逸材なのか、という疑問もある。

 ヤクルト、西武で監督、ロッテではGMを任された広岡達朗氏は、辛らつな意見だ。

「ハッキリ言って今のままでは清宮のプロでの成功は難しい。1位指名を回避した広島の判断が正しいだろう。面談に向かった10球団の各チームは共に、内心では、どうかな? と考えていると思う。金属バットで打った111本のホームランは信用できるものではない。最終的には6球団くらいになるのではないか?」
 
 1位指名を回避した広島の松田オーナーは、各社の報道によると「いい選手だが、うちのスタイルじゃない。現場は足の速い選手を求めている」と、回避理由を説明したというが、広岡氏も同意見だという。

「金属バットから木のバットへの適応は簡単ではない。木のバットを使ったU18のワールドカップでは本塁打も放ったが戸惑いが見えた。そして一塁までの走塁の秒数の問題ではなく、走れていないしスピードを感じない。体型的にも肝心な場所にくびれがなく、まず肉体改造が必要だろう。そういう点を考えればプロではなく、まず早大へ進み4年間で走攻守のバランスを少しでも整えることがベストだったのだ」

 プロ宣言をした記者会見では、プロでの目標として「ホームラン王」、「王さんの世界記録(通算868本塁打)を超えることを目指したい」というとてつもなく大きな数字を掲げた。だが、“球界大御所”は、「王さんの世界記録を目標に掲げていたが土台無理な話」と、一刀両断した。

 その上で、「なぜ大学へいかなかったのか。一日でも早くプロになりたかったのか、それとも将来のメジャーを見据えて、早く日本のプロでやっておきたかったのか。彼が目標にしたいと語った王さんも早実からプロへすぐ入ったが、『早大に進学してからプロに入っても遅くなかったよな』という話を後々されていたことを覚えている。清宮の父親も早大出身だから大学にいく意味をよくわかっていただろう。今からでも遅くない。大学の道を考えてみてはどうか」とまで提案した。
 
 ちなみに広岡氏も早大OBで、大学から巨人へ入団して成功を収めた。

 会見で清宮は、12球団OKか? という質問に「それはまだわからない」と語るなど、2日に行った面談の内容を加味しながら「選別」作業に入ると見られている。育成方針や、球団の体質、環境などを考慮して“気にいらないチーム”が「選別」され、もしその球団が強行指名を行い、しかもクジで選択権を獲得した場合は、入団拒否する可能性もあると推測されている。その場合は、広岡氏が提案するような「大学進学」も再度、進路として浮上してくるのだろう。