2016年3月撮影:高橋邦典

 ネパールの首都カトマンズにあるダルバール広場。古いチベット仏教建造物の並ぶこの一角は、人気の観光名所でもある。2009年、僕が初めてストリート・チルドレンと遭遇したのがこの広場だった。

         ◇          ◇
 年月が経つにつれて、あどけなかったクリシュナの顔にも徐々に精悍さがついてきた。

 昨年会った時、彼はもう一人ではなかった。嫁さんをもらい、一児の父親になっていたのだ。たどたどしく歩く息子のサクティは1歳を過ぎたばかり。嫁さんのスニータと彼女の父親と共に、テレビ1台があるだけの小さな部屋で暮らしていた。極貧状態とはいえ、どうにか「住処」ができたようだった。

 ペンキ屋であるスニータの父親に仕事が入ると、クリシュナはそれを手伝い幾ばくかの小遣いを得るが、大した額ではない。

 「サクティにどんな大人になってもらいたい?」

 僕はクリシュナに尋ねた。

 「警察官がいいかな。ネパールのためになるようなことをしてほしい」

 思いもかけぬそんな彼の言葉に驚かされた。父親になったことで、彼の内面も成長したのか、社会を見る目も変わったのか?しかし、どこまで本気で答えているのかはわからない。

 「食べるものさえあれば、金はそんなにいらないよ」

 そうはいっても、サクティが成長すれば部屋を借りなくてはならないし、警察官になるための学費もかかるだろう。そう指摘すると、

 「そうだな、やっぱり金がいるなあ」

 ふうっと、深いため息とともにクリシュナはタバコの煙を吐き出した。

(2016年3月撮影)

※この記事はフォトジャーナル<ネパールのストリートチルドレン>- 高橋邦典 第50回」の一部を抜粋したものです。

フォトジャーナル<ネパールのストリートチルドレン>- 高橋邦典 第50回

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします