Kis‐My‐Ft2の玉森裕太、NEWSの小山慶一郎、古川雄輝が大活躍する出演するミステリー「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)が20日にスタート、早くもイケメン3人のファンの間で大反響だ。

【連載】新番組レビュー

アンチジャニーズにも高評価の玉森の演技力

 主演の玉森は、子どものころからなぜか行く先々で死体に遭遇してしまう特異な体質の持ち主、弥木圭を熱演。その都度、第一発見者になってしまって重要参考人として疑われる運命にある。小山は探偵にあこがれる推理マニアの周防斎、古川は女の子が大好きで聞き込みが得意なシモン藤馬をそれぞれ演じている。3人はモデル仲間でもある。

 第1話では時計メーカーの新ブランドレセプション会場で起きた殺人事件と盗難事件をめぐり、重要参考人として任意同行を求められた圭が逃亡。合流した斎、シモンと力を合わせ解決を図るが、「犯人はおれじゃない!」と、最終的には会場での圭の謎解きに命運がかかる展開。事件の背景は不倫だ嫉妬だと重いものの、謎解き自体は同局で放送されていた土曜ワイド劇場の後半でも見られたタネ明かし的なわかりやすいテイスト。人気コミックが原作だが、全体的に軽快なタッチで演出されており、本格的なミステリーというよりはイケメン3人を楽しむドラマといっていい。圭の露わになった上半身、シモンが6つに割れた見事な腹筋を披露するなど、サービスカットも盛り込まれていて、深夜にも関わらずファンの歓喜の悲鳴が聞こえてきそうだ。
 
 玉森の演技力は、藤原竜也主演のドラマ「リバース」での浅見康介役でファン以外からも高評価を得たことで実証済み。クールだが実は生徒思いで熱いものを内に秘めている、そんな教師役をジャニーズ色の一切ないドラマで好演し、アンチジャニーズだった層までも、「アイドルには興味ないけど浅見先生の役の人は好き」、「玉森君にハマってしまった」などと言わしめた。今回の圭役でも、繊細さと一途な強さが同居する芝居が魅力的だし、時折、諦めや寂しさをのぞかせる視線がセクシーだ。アイドルにしては芝居がうまい、という段階から、純粋に俳優として評価される土俵に上がってきた感がある。
 
次も観たい度
★★☆☆☆

(文・志和浩司)