日銀・黒田総裁会見2017年10月31日(THE PAGE編集部)

 日銀・黒田東彦総裁が金融政策決定会合後の午後3時半から記者会見を行った。

 ※一部、判別できない個所がございますことをご了承ください。

ブルームバーグニュース:ブルームバーグニュースの〓フジオカ 00:08:33〓です。ETF購入についてお伺いしたいと思います。いわゆる従来型のETF購入というのを、今月、まだ、日銀は一度しかされていません。市場の中では日銀、年間6兆円と言っているペースを本当に守っていくのかどうかっていう見方も出ています。もちろん日銀は1月から12月にかけて6兆円買うということは言ったことはありませんが、ただこの12月にかけて、ちゃんとその約6兆円というのを買うべきなのかどうか、そこについてまず1つお願いします。
 あとご存じのように日本の株式市場、21年ぶりの高値や、過去最長の連騰記録というのを今月記録しています。このリスクプレミアムに働き掛けるという観点からまだ日銀は6兆円ものETFを購入していく必要はあるとお考えなのかどうか、あらためてお願いします。

黒田:従来から申し上げておりますとおり、このETFの買い入れというものは、全体の金融緩和の枠組みの中で株式市場におけるリスクプレミアムに働き掛ける観点から実施しておりまして、実際の買い入れ額は市場の状況に応じて変動するということはあるわけであります。

日銀・黒田総裁会見10月31日(全文1)物価見通し、17年度はいくぶん下振れ