民進党の新しい代表に就任した大塚耕平参院議員が31日、両院議員総会後に記者会見した。

[写真]新代表就任後に会見する大塚氏

 大塚新代表は、就任あいさつで語った民進党、立憲民主党、希望の党の3党を中心にした政権交代実現に関して「次の総選挙に向けて、3党が中心にならざるを得ない」としたが、「ただ、すぐに合併再編が行われるということはない。立憲民主党、希望の党は立ち上がったばかり。独立独歩で体制を整えた中で、総選挙に向けて徐々に信頼関係を構築していく」と述べた。立憲、希望それぞれの党とは「等距離だ」とした。

 今後の3党の連携に関しては、前日に代表を辞任し、希望の党に合流する前原誠司氏も「お互いが『1強』を崩す取り組みができるよう最低限の信頼関係ができれば」との考えを示している。

 大塚代表は、共産党や社民党とのいわゆる野党共闘については「党内にさまざまな意見がある。その条件は今も変わりない」と言葉を選びながら、「慎重かつ原理原則に則って判断したい」と述べた。

 前原代表が進めた希望の党への合流判断については、「総選挙は国民に政権選択の機会を提供する」ものだとして、「そいういう状況をどうやったら生み出せるのかということで、前原氏が決断したこと。その後、一瞬だが政権交代できるかもという雰囲気になった」と述べ、理解を示した。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします