このビジネスは、月3万円だけの稼ぎを目指す。需要があっても3万円以上稼がず、同じ仕事をする他の人に任せて稼ぎを分かち合う。「ビジネスという競争の世界に、分かち合いの精神を持ち込むとは、なんて素晴らしいことなのかと思いました」。以来、今日までこのビジネスで生計を立てる生き方を実践してきた。

 「経済競争が環境破壊を生む一因だと思います。競争が厳しい時、生き残りを最優先に考えて環境保護を気にしない企業もあるでしょうし、価値ある資源を見つけたら、他社に取られないよう乱獲・乱伐・乱掘してしまう可能性もあります」と前田さん。経済競争を緩和すれば、環境問題も改善する方向へ向かうと考えている。

 2016年1月には、このビジネスに取り組もうとする人々を後押しする活動に取り組む「月3万円ビジネス協会」を設立した。「ビジネスの世界が競争一辺倒なら、分かち合いの方向に引っ張る動きも世の中に少しはあった方が良いと思うのです。競争を減らすためのアプローチとして、このビジネスの考え方を広めたいと考えています」。

(取材・文:具志堅浩二)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします