日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。同じモンゴル民族のモンゴル国は独立国家ですが、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれています。近年目覚しい経済発展を遂げた一方で、遊牧民の生活や独自の文化、風土が失われてきました。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録するためシャッターを切り続けています。アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第5回

遊牧民は実に綺麗好き。これから羊たちにトウモロコシを与えるところだった。綺麗に掃除し、タイヤで作ったいれ物も綺麗に並べられている=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2012年3月撮影)

 モンゴルの遊牧民は綺麗好きだ。彼らは毎日、未明から家畜の小屋などを綺麗に掃除し、その糞だけではなく、食べ残した草なども綺麗に片付けるのである。これらの作業が一段落してからやっと朝のお茶を飲む。

 彼らは時代遅れ、未開民族などいろいろなレッテルを貼られ、差別されてきたこともある。しかし、その生活様式は土地の気候や特徴に適したものであり、その遊牧文化こそが、自然と調和したエコな生活を営んでいた。

 現在は遊牧社会が崩壊し、季節による移動生活ができなくなり、定住化が進んだ。これに対して最近、一部の学者はすでにこのような変化が、内モンゴルにおける砂漠化や草原の衰退など多くの問題の発生源であると主張し始めた。いつか、彼らの伝統文化に対する見直しもあるだろう。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮るーアラタンホヤガ第5回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。