希望の党の共同代表に選出された玉木雄一郎衆院議員(48)について、同党代表の小池百合子氏は10日午後、「若い48歳、玉木さんがなられたことは良かった。皆で選んだ代表。しっかりフォローしてほしい」と述べた。

【中継録画】希望の小池代表、玉木氏の共同代表選出でコメント

[画像]取材に応じる小池代表

 選出後、玉木氏とは電話で話し、「(衆院選では)1000万人が比例代表で投票してくれた重みを忘れずにしてほしい。新党なのだからさまざまな挑戦をしてほしい、と伝えた」という。「国民に目線をおいた党運営、政策を発信してほしい」と期待した。

 共同代表選で敗れた大串博志衆院議員が訴えたように、党内には安保法制を「容認しない」姿勢や野党連携の促進を望む声もある。「代表がリーダーシップを発揮し、執行部、所属議員がすばらしいフォロワーシップを発揮すると信じている」として、玉木氏の手腕と所属議員の結束を求めた。

(取材・文:具志堅浩二)