GM会議での注目は大谷翔平の行方だ

大リーグのストーブリーグは現地時間13日(日本時間14日)からフロリダ・オーランドでスタートするGM会議から本格化する。ESPNは、「ホットストーブ調査。スタントンはセントルイスへ?大谷はヤンキース? 内部関係者、冬の動き」との見出しで、このGM会議での注目ポイントを掲載した。

 メジャー移籍を正式表明した日ハムの大谷翔平、ドジャースのダルビッシュ有などに関する9つの質問を大リーグ各チームのGM、球団幹部、スカウトら40人にぶつけたという興味あるアンケート結果で、調査は、Eメールを基本とし匿名で回答されたという。球団選択について複数球団を挙げる関係者もあり、その場合は1票とみなさず票を割って総計されている。

大谷に関する質問は、2番目に挙げられ、「大谷翔平は、2018年開幕日にどのチームに所属しているか」というもの。回答者は複数チームを挙げたり無回答者もあった。
 結果は、ヤンキース、ドジャースが、それぞれ7・5人、レンジャーズが5人、日本ハム残留、マリナーズがそれぞれ4人、パドレス、カブス、アストロズ、ジャイアンツ、レッドソックスが、それぞれ1人。残り7人は「予測できない」という回答だった。

記事では、「ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)の去就が今オフ一番の必見事項だとすれば、大谷の去就は、それに追随するものだ。23歳の二刀流は『日本のベーブルース』と呼ばれることから、そこまで注目を集めることも理解できる」とした。

日本ハム残留の予測は意外に思えるが、「回答者は先週に起きた混乱の最中に返信した。大リーグ機構と選手会は、新ポスティングシステムの細目について、関与者すべてが満足する形になるように交渉する必要がある」と、まだ新ポスティング制度が決定していないため、その内容次第では、日ハム残留もあり得ると見ているようだ。

 またアンケートの結果については、こういう分析をした。

「もし大谷が米国に来る場合、どこが一番合うだろうか。ヤンキースやドジャースは豊富な経験と、多様な文化性を持った巨大市場にある球団として当然の候補。マリナーズは、日本人選手との強い歴史を誇り、また調査では高い回答を得ていないカブスも争いに加わるだろう」

その中で、「大谷は、投手とDHでの起用が可能なア・リーグへ気持ちが傾いているかもしれないと考える回答者も何人かいる」とし、「著名評論家の1人は、ダルビッシュと2012年に契約するなど、アジアで強力なスカウトを展開するレンジャーズに注目。『彼らのアジアでの仕事と実績は、常に高い関心を持たれている。(今は)彼らは大谷に向かっている』と語っている」とレンジャーズ最有力説も強調された。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします