AI(人工知能)スピーカーでは世界でもっとも普及しているアマゾンの「エコー」がいよいよ日本でも発売開始となりました。すでにグーグルやLINEが同様の製品の国内販売を開始していますが、AIスピーカーの真打ちが登場してきたことで、関連市場も盛り上がりそうです。

写真:ロイター/アフロ

 アマゾンジャパンは11月8日、AIスピーカー「エコー」の日本語版を発売すると発表しました。ただし、すぐに製品を購入することはできず、当初はアマゾンのサイトで申し込んだ人だけに限定する「招待制」となっていますから、一般販売はもう少し先になりそうです。

 アマゾンが販売するAIスピーカーは、標準型の「エコー」、小型の「エコードット」、高機能版の「エコープラス」の3種類で、価格はそれぞれ1万1980円、5980円、1万7980円(すべて税込み)となっています。エコーとエコードットは基本的に同じ機能となりますが、エコードットはスピーカーがコンパクトな分、サイズが小さくなっています。一方、エコープラスはスマート家電の通信規格のひとつであるZigBee(ジグビー)に対応したハブが内蔵されており、フィリップス社のスマート電球などを直接操作することができます。エコーやエコードットでも家電の操作は可能ですが(Alexa対応でWi-Fi接続できるデバイスの場合)、ZigBee規格を用いた製品を使うのであれば、エコープラスを購入した方がよいということになるでしょう。

 グーグルのAIスピーカーであるグーグルホームは、外部スピーカーと接続する機能がありませんが、エコーは各製品とも3.5mmのステレオジャックが搭載されていますので、外部のオーディオに接続することも可能となっています。アマゾンでは、音楽の聴き放題サービスである「アマゾン・ミュージック・アンリミテッド」のサービスをエコーの利用者に限って月額380円で提供するという新しいプランを発表しています。音楽プランとの併用を考えている人にとっては、エコーはよい選択肢となるかもしれません。

 AIスピーカーは、米国ではすでに3500万人以上の利用者がいるとされていますが、その中でもエコーのシェアは断トツで、7割に達するといわれます。AIスピーカーの本命が上陸してきたことで、日本も本格的なAIスピーカー時代に入りそうです。

(The Capital Tribune Japan)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします