第68回NHK紅白歌合戦出場歌手発表記者会見にて(撮影:志和浩司)

 大晦日の第68回NHK紅白歌合戦の出場歌手発表記者会見が16日、都内の同局放送センターで行われた。出場歌手は紅白合わせて46組。初出場は紅組が4組、白組が6組の合わせて10組。初出場歌手からHey! Say! JUMP、三浦大知、Little Glee Monsterらが登壇、意気込みを語った。

初出場はフレッシュな顔ぶれからベテランまで 来年引退の安室奈美恵は?

初出場の三浦大知(撮影:志和浩司)

 三浦大知はシングル「EXCITE」がオリコン1位に輝くなど、一躍ブレークしたことから念願の初出場。デビュー20周年の記念イヤーを紅白で締める。「20周年で不思議なくらいいろんな方と縁がつながった1年だった。感謝」と、コメントも力強い。今月9日のNHK「SONGS」にも出演、見事なパフォーマンスが高い評価を受けただけに、紅白でも期待が高まる。

 ジャニーズ勢ではついに「Hey! Say! JUMP」が初出場。CDデビュー10周年にふさわしい大きな贈り物となった感がある。山田涼介と知念侑李は「NYC」メンバーとして紅白のステージを踏んでいるが、Hey! Say! JUMPとしては初紅白。「10周年で多くのファンに盛り上げて頂きました。紅白に出られてうれしい」と語った。

 リトグリの愛称で親しまれるLittle Glee Monsterは、進境著しい女性ボーカル音楽グループ。世界に通用する女性ボーカリストの発掘を目的とした「最強歌少女オーディション」の合格者をメインに集められた女子学生により2013年結成。15年には民放ドラマ「表参道高校合唱部!」の主題歌「好きだ。」がオリコン6位(デイリー最高4位)を記録、YouTubeの動画再生回数は1700万回を超え、ブレーク。「夢が実現できました。いろんな方のおかげで支えられていると体感した1年でした。紅白では感謝を込めて歌いたい」とコメント。今年は1月に日本武道館でのワンマンを成功させ、紅白で締めくくるという、よい1年となった。

 韓国でデビューした9人組ガールズグループ、TWICEも彩りを添える。メンバーには日本人もいる多国籍グループだ。韓国のサバイバル形式オーディション番組を経て結成され、定評あるライブパフォーマンスは紅白を華やかに彩るだろう。「初めてのコンサート、初めての紅白。応援してくれたファンの愛を感じた1年でした」。韓国のアーティストの出場はKARA、少女時代、東方神起の2011年以来、6年ぶりとなる。