瑛太(撮影:磯部正和)

 現在、『リングサイドストーリー』と『ミックス。』という2本の主演映画が公開中の俳優・瑛太。前クールの連続ドラマ「ハロー張りネズミ」でも主演を務め、さらに『まほろ駅前』シリーズでタッグを組んだ大森立嗣監督作『光』も公開を迎えるなど、出演作ラッシュだ。

 「さすがにこれだけ続くと大変ですね」と苦笑いを浮かべた瑛太だが、公開を記念した舞台挨拶やイベントなどでは、常に目を引くようなパフォーマンスや発言でファンを沸かせる。そこには彼なりの思いがあるという――。

舞台上でのパフォーマンスは作品への愛ゆえに……

 2001年放送のドラマ「さよなら、小津先生」で俳優デビューして以来、15年以上に渡り、途切れることなく、映画やテレビドラマ、舞台など俳優として活躍してきた瑛太。いまや日本映画界を含めた映像界にとって、なくてはならない存在であるが、そんな瑛太が登壇する舞台挨拶やイベントが面白い。

 最近では「ハロー張りネズミ」の舞台挨拶でいきなり土下座を披露したり、『ミックス。』ではダブル主演を務めた新垣結衣に対して「大好きと言うと叩かれる」と自虐的な発言で盛り上げたり、『リングサイドストーリー』では、メガホンをとった武正晴監督の前作で、日本アカデミー賞最優秀脚本賞など数々の賞を受賞した『百円の恋』を“超えた”と言い切り、『百円の恋』で主演を務めた安藤サクラに宣戦布告をするなど、その言動は大きな話題となった。

 こうした行動について瑛太は「作品って、真剣に楽しみながら、戦いながら、大勢のスタッフさんや共演者の方々と全身全霊で作っているわけじゃないですか。僕は自分が出演する作品は自信を持っているので、一人でも多くの人に観てほしいと思っているんです。その意味では、僕らが街に出て大声張り上げて『観てください』っていうのもありですが、いまのシステムだと、メディアの皆さんの力を借りて作品を広げていただいているわけですからね」と作品への愛が、こうした行動を後押ししていることを明かす。

 続けて「若いころから、作品への思いは変わらないのですが、より多くの人に観てもらいたいという気持ちは、年々強くなっているかもしれません。また、こうして取材を受けたり話をすることに対して、いかに苦にならないように楽しもうかという気持ちも強くなってきています」と自身の変化を語る。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします