冬の花火大会として知られる長野市の「長野えびす講煙火大会」が23日夕、同市内であり、40万人とされる観客でにぎわいました。今回は勤労感謝の日の休日だったこともあって、高校、大学生や若い会社員らが多数を占め、若者フェスティバルの様相。プロポーズ記念の花火の打ち上げなどで、例年以上の盛り上がりになりました。

[写真]露店の上に咲く花火

 大会は1899(明治32)年以来、112回目。午後6時から市内の犀川河川敷で特大スターマインなどを打ち上げ開幕。各地の煙火師による新作花火や企業、個人のスポンサーが付いた花火を連続して披露し、観客から歓声や拍手が湧き起こっていました。

 JR長野駅と会場を結ぶシャトルバスは、休日とあって女子高校生や大学生などでいっぱい。若い会社員グループなども目立ちました。

 立ち並ぶ露店に立ち寄ったり、立ち止まって花火を見上げる若いカップルや高校生のグループなどで、会場は若者の祭典の雰囲気に。若い男性のプロポーズの声を会場に中継し、記念の花火が打ち上がると「おめでとう」の声も。

[写真]大輪の光が空いっぱいに

 えびす講花火の時季は冷え込みと寒風が付き物ですが、この日は強風もなく穏やかな花火観賞になりました。

 長野えびす講煙火大会は長野商工会議所、長野商店会連合会の主催で、この日打ち上げた花火は1万2000発以上。全国的に知られた冬の花火大会のため、県外から訪れた花火ファンの大型バスが駐車場に並びました。

 長野市内のマンションや公共施設のビルなどでは、誘い合って集まり遠くから花火を観賞する人たちが多数いました。


■高越良一(たかごし・りょういち) 信濃毎日新聞記者・編集者、長野市民新聞編集者からライター。この間2年地元TVでニュース解説

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします