暴力事件を起こした横綱・日馬富士が29日、引退会見を行った。すでに警察、相撲協会の危機管理委員会からの聞き取り調査が終わり、日馬富士は貴ノ岩へふるった暴力を認め、27日に開かれた横綱審議委員会での判断は先送りされたが「厳しい処分が必要」との見解が示されたたこともあり「引退勧告」を受ける前に、自ら責任をとって身を引いた形だ。引退会見では、今場所中に横綱から引退の申し入れがあったことも明らかにされたが、日馬富士が引退会見で被害者である貴ノ岩への明確な謝罪の言葉を発せず、伊勢ケ浜親方が報道ステーションの富川悠太アナの質問に「逆ギレ」して質問を遮る場面まであり、SNSやネットのコメント欄は、今回の引退会見を非難する声であふれた。

「反省していない」
「見ていて気分が悪い会見」
「貴ノ岩への謝罪の言葉がひとつもなかった」
「相撲界の異常さが際立った」
「親方の態度が不遜。この親にしてこの子あり」

 今回の引退会見で問題とされた部分は主に3点ある。

 ひとつめは、日馬富士が被害者である貴ノ岩への明確な謝罪を行わなかった点だ。

 会見の冒頭で横綱は、「このたび貴ノ岩関にケガを負わせたことに対して横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます。国民のみなさま、ファンのみな様、相撲協会、伊勢ヶ浜部屋のみなさま、親方、おかみさんに大変迷惑をかけたことを心から深くお詫び申し上げます」と挨拶、親方共々、20秒以上にわたって深々と頭を下げた。だが、被害者である貴ノ岩や貴乃花部屋への謝罪の言葉はなかった。

 なぜ暴力をふるったのか?という理由についても、「弟と思って、礼儀と礼節を教えることが義務だと思ったが、行き過ぎたことになり彼を傷つけた」と説明。「礼儀、礼節」という言葉を何度も繰り返して、暴力事件を起こした背景に、貴ノ岩の先輩力士に対する礼儀、礼節をわきまえない態度があったことを強調した。

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします