横浜DeNAの成功しているドラフト戦略を支えるスカウトの責任者、吉田孝司氏

2年連続でクライマックスシリーズ出場を果たした横浜DeNAのチーム強化に直結しているのが、ドラフトの成功だ。他チームも脅威に感じている横浜DeNAのスカウト力。その責任者である吉田孝司スカウト部長兼GM補佐に、その秘密を聞く。前日掲載記事に続く続編ーー。

 ドラフト後の現場との連携も重要なファクトだ。
 だから吉田氏は春季キャンプで新人をフォローすることを忘れない。

「ピッチャーは投げなきゃダメだね。投げないと覚えない。春季キャンプに行くと『頭じゃなく体で覚えろ。肩が痛くない限り投げろ』と直接、選手に言っている。バッターならばスイング。振り込まなくちゃ上手くならない」

 横浜DeNAのブルペンには、投げ込みの文化があった。引退した三浦大輔氏は、いつも沖縄キャンプのブルペンに最初から最後までいた。

「幸いチームにはいい教材があった。三浦もそうだし、阪神からFAで取った久保康友もそうだった。本当によく投げた。『見習え!』といつも言っていた。ソフトバンク監督の工藤もそうだったし、巨人の黄金時代がそうだった。みんながキャンプで、あまりに投げるから、私は、キャッチャーで嫌だったんだから(笑)」
 今春キャンプではストッパーの山崎が、吉田氏に「今年は投げ込みます」と宣言していた。

「実際、かなり投げたんだよね。今年の復活は、そこにあると思う」
 スカウトと現場の連携も重要な成功のポイントなのだ。

 では、バッターの見極めはどうなのか。そこにも吉田氏のドラフト鉄則がある。

「バッターは、スイングスピード、バットの出、間の取り方の3つを見る。間の取り方にはセンスが出るよ。それとバットの出。ヘッドが遠回りしてくるバッターはダメ。ゆったりと引いてきて、ポイントまで最短距離で、内側からバットのヘッドが出てこないとね。ここにセンスが出る」

 高卒でいきなり出てきた細川は、吉田氏が視察した目の前で右中間に特大の一発を見舞っている。

「右中間にダーンとね。しっかりとバットのヘッドが内側から出ていたし、長打力が凄かった。これも教えられるものじゃない。長打力も持って生まれたもの」

 日ハムや楽天などドラフト戦略にもコンピュータによるデータ管理を用いる球団が増えてきた。吉田氏は、「それも大事だけど人間の目だよ。コンピュータで決めるならば僕らはいらない。最後は人間の目。例えば走塁にしても計り方やストップウォッチの押し方でタイムなんて変わってくるしね。あくまで目安だよ」と、アナログ戦略にこだわる。最先端をいく横浜DeNAにしては意外だが見極めるのは眼力なのだ。