井上尚弥はV7戦を最後にバンタム転向を決断。年末は集大成の試合になる

年末30日に横浜文化体育館で7度目の防衛戦を行うWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(24、大橋)が16日、横浜の大橋ジムでスパーリングを公開。陣営は来年2月24日に米国で予定されていた「SUPERFLY2」への出場を取りやめ、今回のV7戦を最後にバンタム級へ転向する考えであることを明らかにした。IBF同級世界王者のジェルウイン・アンカハス(25、フィリピン)との統一戦が、ご破算になったため、ウェイト調整が難しくなっていることもあり3階級制覇へ目標を切り替えた。井上にとって同級6位、ヨアン・ボワイヨ(29、フランス)との試合は、スーパーフライ級の集大成の試合となる。
 

「対戦相手がいないんだから今後スーパーフライでやる可能性はゼロですね」

 井上に未練はない。

 当初、年末のV7戦をクリアすると、1か月半の強行軍で再び米国に乗りこみ前回も全米で話題を集めた軽量級イベント「SUPERFLY2」でIBF同級世界王者のアンカハスとの統一戦が予定されていた。しかし、この統一戦は消滅した。
「5月、12月と2度契約直前までいって断られた」(大橋会長)と、井上から逃げ回っていた、そのアンカハスが、世界的プロモーターのボブ・アラムが率いるトップランク社と契約。トップランク社はESPNと放映契約を結んでおり「SUPERFLY2」の方はライバルのHBOの放映だったため実現不可能になった。

 体重調整が難しくなっている井上にとってスーパーフライ級に留まって統一戦を戦うには時間切れ。もうこのタイミングでできないのであればバンタム級転向へ舵を切る。
 大橋会長も「来年は3階級制覇に向かわせたい」という。

「SUPERFLY2」では、“怪物”ローマン・ゴンザレス(30、ニカラグア)を衝撃KOで葬ったWBC世界同級王者のシーサケット・ソールンビサイ(31、タイ)と、カルロス・クアドラス(29、メキシコ)との挑戦者決定戦に勝った元フライ級の統一王者、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が対戦するが、井上は、その勝者との統一戦にも興味はない。

「流れ次第でしょうけど、あの2人の対戦は(スーパーフライの)頂上決戦ではないでしょう。シーサケット以上の選手が、バンタムにはゴロゴロいますよ。バンタムは選手層も厚いし、スーパーフライとはガラっとレベルも変わる」

 個人的にはシーサケットvsエストラーダの勝者と井上の統一戦は見てみたいが、ロマゴン神話も崩れ去り、もう井上には魅力のある階級ではなくなったようである。

 プロ入りする際の大橋ジムとの契約時に「強い相手との対戦」を条件にした井上らしい思考。その終わりなき求道心は、次なる戦いの場に向かっている。

「今回は無理なスパンでもあったし(怪我ができないなどの)プレッシャーもあった。今以上に力を発揮できるのがバンタム。モチベーションが下がることはない」

 バンタム級に戦いの場を移せば、山中慎介(帝拳)がWBCから再戦を指示されている現WBC同級世界王者のルイス・ネリ(23、メキシコ)がいて海外メディアは井上戦の実現可能性を報じている。また世界戦最速のKO記録を23年ぶりに塗り替える11秒KO勝利で世界中の話題をさらったソラニ・テテ(29、南アフリカ)もWBOの同級世界王者だ。

 減量が限界に近づいていたことも確かで、遅かれ早かれバンタム転向は規定路線。井上にしてみれば、2017年の年末決戦を区切りにするのもいいタイミングだった。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします