大晦日決戦で脱ボンビー生活を誓う世界王者・木村(右)と有吉会長(左)

WBO世界フライ級王者、木村翔(29、青木)は大晦日に元WBC世界王者で同級1位の五十嵐俊幸(33、帝拳)と初防衛戦を行うが、18日、先立って都内の青木ジムで木村の公開練習が行われた。木村は12ラウンドのミット打ちというロングランの練習を披露したが、帝拳の浜田剛史代表が視察に訪れていたため、対五十嵐用のパンチを見せない煙幕を張った。日本人対決らしい緊張感が漂うが、現在、家賃5万、1K、5畳一間のアパート暮らしで、酒屋のバイトも続けている木村は、「勝って10畳10万の新居に引っ越したいし仕事もやめてボクシングに集中したい」と“ボンビー生活脱却”を願った。

 

公開練習のミット打ちを始める前に有吉会長が木村に耳打ちした。
「見せるな」
 確かにそう聞こえた。
 報道陣の後ろには帝拳の浜田代表の姿があった。
「対左用の必殺パンチを見せるなと。それは出しませんでした。まあ、練習を見られても自分のボクシングをやるだけなんですけどね」
 木村も対左用の必殺パンチを隠した……と言った。

 ミット打ちは試合想定の12ラウンド続いたため、浜田代表は途中で帰ったが、日本人対決、指名試合ゆえのピリピリした“前哨戦”が早くもスタートしている。

 木村は、11月12日から19日までは香港、11月24日から12月8日まではタイで合宿を行い、タイでは1ラウンド4分のスパーを2週間で計78ラウンド。計300ラウンドに渡って徹底したのが苦手のサウスポー対策だ。

「むずかしかったのは距離感。最初は中に入れなかったが慣れた。タイでも左対策を教えてもらったし、クリンチも教えてもらった。ほどき際でも打つ。そこが大事」

 サウスポーの五十嵐の懐にどう入るかが、ポイントである。

有吉会長にディフェンスから、その手順を教えられたが、頭で理解していても、不安と恐怖感がなかなかぬぐえなかった。プロデビュー戦がサウスポーの王子翔介でおまけに2度ダウンして1回KO負けを喫している。 4年前から。こびりついた“トラウマ”は反復練習で克服した。

「もう苦手意識はない。体が覚えてくれた」

 その裏づけとなるのが無尽蔵のスタミナ。

「スタミナとスピードは五十嵐に負けていない。テクニックは負けるかもしれないが、上まわれる。スタミナがあれば、思い切って出したいことが出せる。1ラウンドから12ラウンドまで強いパンチを打つのが僕のスタイル。終盤にいい形でKOに持っていければ」

 描くのは終盤のKO決着である。

 五十嵐は目にカットしやすい古傷がある。パンチで切ればいいが、偶然のバッティングで切った場合は、試合ストップイコールTKO勝利にはならない。
 そこは勝敗につながるポイントのひとつだが、「気にせず序盤から積極的に前へ出る」と言う。