七草粥は正月疲れした胃を休めるともいわれる(写真:ペイレスイメージズ/アフロ)

 春の七草は、芹(せり)、薺(なずな・ぺんぺん草)、御行(おぎょう・ごぎょう)、繁縷(はこべら)仏の座(ほとけのざ・たびらこ)、菘(すずな・蕪)、蘿蔔(すずしろ・大根)。全部いえますでしょうか?

 昔は「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ」という並べ歌で覚えたものです。1月7日は七草粥の日と覚えている人も多いかと思いますが、その背景には長い歴史と伝統、文化があります。

【連載】神さまのいるところ ー東京・日本橋 福徳神社ー

元は七穀粥だった

人日飾り

 お正月や節分、雛祭りなど、数々の伝統的な年中行事が行われている日本。その中でも、江戸時代に特に大切な公式行事として定められたのが人日(じんじつ、と読みます)、上巳(雛祭り)、端午、七夕、重陽の「五節句」です。節句というと雛祭りや端午の節句(子供の日)がよく知られていますが、5つの節句のうち、1年の最初を飾るのが1月7日の人日です。

 古来、中国では正月一日を鶏、二日を犬、三日を猪(豚)、四日を羊、五日を牛、六日を馬、七日を人の日とし、一日から六日にはそれぞれの日の動物を殺さず、七日には罪人の刑罰は執行しないとされていました。これが人日の由来です。

 人日には七種の植物を入れた吸物を食べる風習があり、それが平安時代頃に日本にも伝わり、七種の穀物で作る粥を食して一年の豊作と無病息災を祈る行事となりました。この七穀粥が、それ以前から日本にある年明け最初の子(ね、十二支の最初)の日に若菜を摘む風習と結びつき、七種の若菜を入れた粥を食する節句となったと言われています。

古来、常に青々とした葉を茂らせる常緑樹の木には神が宿ると考えられてきた。根付の若木は特に神聖視され、中でも松は常盤木とも称されるめでたい木とされている

 『万葉集』には若菜摘みについての歌があり、その風習の歴史を物語っています。

  〈明日よりは春菜摘まむと標めし野に昨日も今日も雪は降リつつ〉 山部赤人

 平安時代になると貴族は、一年で最初の子の日に野山に出て若菜を摘みつつ、まだ若い松を大地から引き抜いて千代の泰安を祝う「小松引き」という遊びを兼ねた行事を楽しみました。この遊びでとってきた根つきの松を「子の日の松」「根引き松」と称しますが、これが前回も触れた門松の始まりといわれています。