30歳で箱根に挑む東京国際大の渡邊和也(写真・田村翔/アフロスポーツ)

 全国高校駅伝の3区で8人抜きの区間2位の快走を演じ、報徳学園の5位入賞に貢献したのが酉年の2005年。再び巡ってきた酉年で何と大学1年生になり、新春の風物詩となって久しい箱根駅伝への出陣に備える自分の姿は、おそらく想像できなかったはずだ。

 来月2日の往路の号砲が迫ってきた第94回大会の注目選手の一人が、東京国際大学の一員としてエントリーされた30歳のオールドルーキー、渡邊和也(人間社会学部1年)である。

 埼玉県川越市にキャンパスを置く同大学が10位に食い込み、2年ぶり2度目の箱根駅伝出場を決めた10月の予選会を境に、渡邊は「人生で最高というくらいの取材を受けました」と苦笑いする。

「まず聞かれるのが、やっぱり年齢のことですけど」

 1992年大会を最後に27歳以下という年齢制限が撤廃された箱根駅伝の歴史上でも、四国電力に所属していた2011年に世界陸上大邱大会の5000mに出場している渡邊は異彩を放つ。

 指導者になる夢を描いていた渡邊は教員免許を取得するために、高校卒業後の進路として大学進学を一時は考えていた。しかし、なかなか上手くいかず、最終的には「ならば実業団でもっと速くなろう」と、学校側から勧められた山陽特殊製鋼(本社・兵庫県姫路市)に社員として入社した。

 そして、青写真通りに1年目の2006年から頭角を現す。全日本実業団ジュニアの5000mを制し、関西実業団駅伝の2区では区間賞を獲得。年が明けた元旦のニューイヤー駅伝でも、19歳にして外国人選手がひしめく3区を任された。

 北京五輪出場をかけた2008年の日本選手権1500mでは、残り200mを切ってから猛スパート。他の選手を引き離すも直線に入って足が痙攣してゴール直前で転倒し、ほぼ手中に収めていた五輪切符を失う悪夢に見舞われる。
 もっとも、本当の意味での悪夢は2009年から始まる。長引く平成不況の影響もあったのか、山陽特殊製鋼は社長の交代を機に、それまで手厚いサポート体制を敷いていた陸上部の規模を縮小させた。