神戸市立王子動物園のホームページ

 東京・上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん、シャンシャン(香香)の一般公開が12月19日から始まり、初日の公開を見るための抽選倍率は約45倍の人気となりました。マスコミでも、テレビのワイドショーでは一般公開の生中継がさまざまな局で放送されたほか、NHKの全国ニュースでもトップニュースとして大きく報じるなど「過熱報道」にも見えるパンダフィーバーぶりです。

 一方で、日本には上野のほかにも、和歌山で5頭、神戸で1頭が飼育されていることはあまり報道されませんでした。日本のニュースは首都圏を中心に動いているとも感じられますが、上野の報道を受けて神戸市はツイッターで神戸にもジャイアントパンダはいますよ、とツイート。和歌山県知事もPR戦略を練ると発言し、上野の報道過熱を逆手にとり、相乗効果を狙う動きが見られます。

「忘れられているのでは」…… 和歌山県、神戸市が上野パンダフィーバーに反応

 和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」には2014年に生まれた桜浜(おうひん)・桃浜(とうひん)、2016年に生まれた結浜(ゆいひん)など5頭が飼育されています。

 同県の仁坂吉伸知事は20日の記者会見で、「最近のマスコミを見ると、上野のシャンシャンしか世の中にいないのかという報道だ。(和歌山の)地元記者は白浜のパンダをもう少しアピールしてほしい」と釘をさしました。

 しかし続けて「もっとゆっくりパンダと遊びたいなと思えば白浜に来てもらえればいい、というようなメッセージを(上野に)来られている方にどうやって届けるか考えないといけない」とも話し、上野に行く人に白浜もPRする戦略を練りたいという方針を示しました。

動画をもっと見る

 兵庫県神戸市の王子動物園でもジャイアントパンダ、旦旦(タンタン)を見ることができます。神戸市広報課は21日、公式ツイッターで神戸市のHPのトップ画面を旦旦の動画にしたと投稿しました。同市は「上野動物園のたくさんの報道や、和歌山県知事の発言などを受けて、神戸のパンダは忘れられているのではという声をいただいた。置いていかれないためにも発信した」と説明。「王子動物園ではガラス越しでなく見ることができる。パンダだけでなくコアラの赤ちゃんも2017年に誕生しており、アピールしていきたい」と意気込んでいます。