イチローは引退条件で古巣からオファーがあった場合は受けるだろうか?(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

 2018年。再びセイフコ・フィールドの打席にマリナーズのユニホームを着たイチローが立つことがあるのだろうか。

 試合が始まる時、一塁側のダグアウトから右翼の守備位置へ一目散に走り出す、あるいは試合前にホームのクラブハウス内で床に寝転がってストレッチをするーーかつては当たり前だったそんなイチローの姿を、また目にすることはあるのだろうか。

 復帰を巡って今、水面下では、様々な思惑が交錯する。

 メジャーでは、そのチームの“フランチャイズ・プレイヤー”と呼ばれた選手が、移籍を経て、キャリアの終盤になってから古巣に復帰する、というパターンは少なくない。

 最近なら、1993年のドラフトでツインズに指名され、2007年まで過ごした後、エンゼルス、タイガースを経て、2015年にツインズに戻ったトリー・ハンターがそうだった。
 1998年、カブスで衝撃的なデビューを果たしたケリー・ウッドも2009年にインディアンズに移籍したが、最後はカブスで現役を終えた。1987年のドラフトでマリナーズに1位指名されたケン・グリフィーJr.も、2000年にトレードでレッズに移籍したが、ホワイトソックスを経て、2009年にマリナーズと契約した。

 古いところで言えば、現在はドジャースの試合のテレビ解説などを務めるオーレル・ハーシュハイザーも、1979年のドラフトでドジャースに指名され、1995年にチームを離れると、インディアンズ、ジャイアンツなどを経て、2000年にドジャースに復帰。その年のオフに引退した。

 敬意を込め、球団の功労者に花道をーー。契約の背景には、集客をあてこんだマーケティングな要素もあるが、一部のスーパースターに対するそうした配慮は、長く行われてきた。

 ただそのことは、美談として捉えられる一方、非情な一面もある。なぜならそれは、カーテンコールとほぼ同義なのである。

 もちろん、ジム・トーメ(インディアンズなど)やリッキー・ヘンダーソン(アスレチックスなど)ら、30代後半、あるいは40歳を超えて古巣に戻りながら、さらに別のチームに移籍したという例がないわけではない。

 しかし、誰もが納得する成績を残さない限り、その先はない。おそらく、アンコールは1回まで。選手と球団は、それを含んで契約を交わすことになる。

 マリナーズも今、そんな暗黙の了解とどう向き合うか、答えを模索している。

 2014年のオフにヤンキースからフリーエージェントになった時、マリナーズはもちろん、イチローを呼び戻すことを検討した。ところが、一部でためらいの声が上がった。控えで起用するという難しさに加え、イチローのキャリアに一種の縛りを設けることにならないか、というのだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします