5日から、米国東部は記録的な大寒波に見舞われています。建物や公共交通機関の老朽化が進むニューヨークでは、街の機能が麻痺し、暖房設備などがあちらこちらで壊れ、健康状態に危険を及ぼすレベルの寒さに多くの市民が苦労している模様です。一方で、極限状態の寒さを楽しむタフさをみせるのも、ニューヨーカーならでは。ニューヨーク・ブルックリン在住のライター金子毎子さんの報告です。


雪が降った4日から今現在も道路の雪のためにゴミ収集は限定的で、街のあちこちにリサイクルのツリーやゴミがたまる一方

日本でも昨日8日の成人の日は、低気圧の急発達(爆弾低気圧)と強い寒気の流れ込みで冬の嵐となったところがあるようですね。北米もこの爆弾低気圧に見舞われ、南部フロリダでも30年ぶりに降雪が観測されています。ここニューヨーク市でもクリスマスの夜から13日間連続で氷点下の日々が続きました。今回はそんなふるえる街の様子をこちらのニュースを交えてご紹介します。

BOMB CYCLONE! BOMB CYCLONE! BOMB CYCLONE!

爆弾低気圧は英語ではBomb Cyclone(ボム・サイクロン)。米国人にとっても、中西部と東部がこの大寒波に見舞われるまでほとんど馴染みのない言葉だったこともさることながら、「爆弾級のサイクロン」という語感がなかなか強烈で恐ろしいやら、でもクールな感じもするやら、やっぱり意味不明やらで、年末から年始にかけて新聞の見出しやニュースで引っ張りだこ状態になっています。

CBSの深夜バラエティ番組「レイトショー」の冒頭では、「金曜日はBomb Cyclone、土曜日はMurder Rain、日曜日はSnowcanocanemageddonado(アルマゲドン的トルネード風雪嵐?)になるでしょう」とフェイク天気予報が流れ、メディアによる「ボム・サイクロン」という言葉のもてはやしぶりを揶揄していました。

動画をもっと見る