雪山を自由に滑降する「フリーライドスキー・スノーボード」の2018年ワールドツアー全5戦のうち開幕戦が1月20日から27日まで長野県白馬村で開催されます。世界選手権予選大会が昨年1月、アジアで初めて白馬村で開かれ、現地の積雪状況や地形などが評価されて本選の開催となりました。白馬村は世界水準のウインターリゾートとしての魅力を発信する好機として、準備に力を入れています。

【写真】雪煙上げ山岳の急斜面を滑り降りる 白馬村で初のフリーライド世界大会予選

昨年1月の予選大会の実績認められる

[写真]昨年1月の白馬予選大会、スキーで優勝した楠泰輔選手の豪快なジャンプ(Photo_freerideworldtour.com / Jeremy Bernard)

 フリーライドスキー・スノーボード世界選手権2018(FWT2018)は、1月の白馬村と2月のカナダ、3月のアンドラ(ピレネー山中の公国)、オーストリア、スイスの5か国で本大会の開催を予定。白馬大会には各国から選抜された選手50人が出場の予定です。

 FWTは20年の開催歴があり、白馬村では2017年1月に初めて予選大会を開きました。FWT2018実行委員会や白馬村観光局によると、白馬村の八方山山頂付近から下方のスキー場までのコースで行われた予選大会を通じて雪の斜面や積雪状況、日本人選手のレベルが認められ、開幕戦の開催が決まりました。

 白馬村観光局によると、欧州では競技に適した積雪になるのは2月以降ですが、白馬村では1月に条件が整うため、シーズンの早期開催が可能になるのも大きな利点。「白馬のパウダースノーへの高い評価や、コースの地形が良いことなども開幕戦開催につながる積極的な評価につながった」としています。

 本大会を控えた1月17日から19日までは日本人選手枠を設けた予選大会も予定し、全国から多数の参加が見込まれています。

[写真]昨年の白馬予選大会で表彰台に立つ選手たち(Photo_freerideworldtour.com / Jason Halayco)

 FWTは出発点からゴールまでタイムを取らず自由に滑るのが特徴。非圧雪、非人工斜面で行われるスキーとスノーボードの男女競技で、採点は選手の滑走ルートの難易度やコントロール、ジャンプなど5つの基準で行われます。

 選手の判断で一直線に滑ったり曲がりくねったラインを取ったり、ジャンプや転回も自由。難しいコースを選んでアピールすることもできます。タイムや管理されたコースに縛られず独創性が評価される点が大きな魅力とされています。

 自由なコースを滑るため、事前の斜面の調査が厳密に行われるほか、雪崩対策の講習やヘルメット、雪崩ビーコン、ショベルなどの装備面の対策も講じられています。主催者は最近問題になりがちなバックカントリースキーの安全対策をアピールする機会にもしたいとしています。