殿堂入りを果たした原氏(左)と金本氏(右)は亡くなった恩師の星野仙一氏のレリーフに報告した

公益財団法人、野球殿堂博物館は15日、東京ドーム内の野球殿堂博物館で平成30年度の野球殿堂入りを発表した。現役引退後、5年以上が経過した選手(その後15年間)が対象となるプレーヤー表彰では、日米通算507本塁打を放ち、国民栄誉賞を受け、米国野球殿堂入りの候補者にも入っている元巨人、ヤンキースなどの松井秀喜氏(43)、連続フルイニング出場の世界記録(1492試合)及び通算2539本安打も達成している現阪神監督の金本知憲氏(49)の2人が選ばれた。
 殿堂入り候補となって1年目の人物が2人も同時選出されるのは史上初。過去ノミネート1年目に殿堂入りを果たしたのは、故・スタルヒン氏、王貞治氏、野茂英雄氏、工藤公康氏の4人だけだった。松井氏は43歳7か月での殿堂入りとなり、野茂氏の45歳4か月を抜いて最年少の殿堂入りとなった。また松井氏は有効投票数368票中、336票(91.3%)を獲得、これは、過去、史上10番目となる高い得票率であった。金本氏は278票(75.5%)で75%以上の選出規約をクリアした。
 現役監督の殿堂入りは昨年度の伊東勤氏(当時千葉ロッテ監督)以来、7人目となる。

 監督、コーチの退任後、6か月以上、引退後21年以上を経過した人を対象とするエキスパート部門では、監督12年間で、7度の優勝と3度の日本一を果たした元巨人監督の原辰徳氏(59)が選ばれた。原氏はプレーヤー部門では、選考漏れしていたが、エキスパート部門の候補者に復活して2年目での殿堂入りとなった。得票は、有効投票数122票中、96票(78.7%)だった。

 また特別表彰として、中京商業時代に甲子園で優勝、その後、指導者として中京商、中京大学で日本一を経験、愛知のアマチュア野球界だけでなく、沖縄水産の故・栽弘義監督などを育てた故・瀧正男氏が殿堂入りした。これで殿堂入りは延べ201人となった。

 この日、野球殿堂博物館で行われた通知式には金本氏、原氏が出席、記者会見を行った。松井氏はニューヨークでの仕事があり帰国できずに通知式を欠席、代理として父の松井昌雄氏が出席した。

 金本氏は、お礼と感謝の意を述べた後に、「野球を始めるとき、去年亡くなった親戚のおじさんが、プロ野球選手になって、まずはレギュラーになること、次に名球会、その上に野球殿堂がある、そこを目指して頑張れと言われたのですが、そのことを思い出しました。恐縮する思いと、感謝の気持ちが交錯しています。たくさん野球界に貢献された方々がいる中で僕でいいのかな?という思いもあります。これでホッとせずに野球界にできることがあれば、その発展のために努力していきたいと思います」と、スピーチした。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします