殿堂入りした阪神・金本監督と松井秀喜氏に意外なライバル関係が

平成30年度の日本野球殿堂入りの発表が15日、東京ドーム併設の野球博物館で行われ、プレーヤーズ表彰で阪神現役監督の金本知憲氏(49)と松井秀喜氏(43)の2人が選出された。プレーヤー表彰は、引退後、5年が経過した選手が候補者となるが、金本氏も松井氏もノミネート1年目で一発当選した。松井氏は43歳7か月での殿堂入りとなり野茂英雄氏の45歳4か月を抜いて最年少。松井氏は、有効投票数368票中336票(91.3%)を獲得、これは史上10番目となる高い得票率であった。一方、金本氏は、278票で殿堂入りの条件である75%の得票率に必要な当選数をわずかに2票だけを上回る75.5%での当選となった。

 金本氏は1492試合の連続フルイニング出場の世界記録を持ち“鉄人”と評された。同時にバットマンとしての戦績も素晴らしく通算2539安打、476本塁打、1521打点の成績を誇り、2000年には打率.315、30本塁打、30盗塁で史上7人目のトリプルスリーをマークしている。だが、決して殿堂入りへの道のりは平坦なものではなかった。

 この日、ゲストスピーカーに立ったのは、1991年に東北福祉大からドラフト4位で広島に入団した際の監督である山本浩二氏だった。
山本氏は、金本氏の成功理由を表すようなエピソードを披露した。
「キャンプでバッティング、守備を見て相当時間がかかるなと」
 だが宮崎の都城で行われたオープン戦の初戦で金本氏は山本氏の評価を一転させる。代打でチャンスをもらうと、簡単に2ストライクに追い込まれてからファウルで粘り四球を選んだという。
「何球粘ったか。粘りと精神的な強さを印象づけられた」。山本氏は、その日のスタッフミーティングで「重点強化選手にしよう」と提案した。
 その四球に象徴されたのが金本氏の自己犠牲の精神だ。

 金本氏は、殿堂入りの理由のひとつに、カル・リプケンを抜いた連続フルイニング出場の世界記録があったのでは?と聞かれ、「フルイニングを目指して記録を作ろうとしてやってきたわけではない。日々、毎日試合に出なくてはいけない。数字を残さなくてはいけない、休んではいけない。その連続、結果がたまたま記録になっただけ」と答えた。

 阪神時代に死球を受けて腕を骨折。翌日に片手で打ったヒットは語りつがれる伝説の打席だが、試合に出続けた理由について「その時の責任感。チームのために試合を抜けられない思い」とも言った。
 そして記憶に残るシーンとして真っ先に連続無併殺記録を挙げた。

「タイ記録と新記録の時、なぜか一塁にランナーがいましてね。ランナーがいなかったら自動的に更新するんですけど。そこでヒットとホームランが打てた。笑い話のような自慢のような」

 2000年5月12日から2001年9月28日まで続けた1002打席の連続無併殺記録こそが金本氏の野球人生を凝縮した記録である。

「打率が下がる局面でも全力疾走した証。これがなによりのチームのためのプレー。足の調子が悪いときでも全力で走った。これは、今の選手にも言えること。チームのためにやることを」。そうメッセージを発した。

 そして意外にも金本氏が目標にしていたのは6つ年下となる松井秀喜氏だったという。

「松井のスイングの速さが目標だった。松井の顔を思い浮かべながらスイングをしたこともあった」

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします