韓国と北朝鮮の間で約2年ぶりとなる正式な南北会談で、2月9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に北朝鮮が参加する意向を正式に表明しました。北朝鮮に対しては、平和の祭典であるオリンピックの政治利用だとの批判もありますが、こうした融和の動きは「朝鮮半島の非核化」につながるものなのか。元外交官で平和外交研究所の美根慶樹代表に寄稿してもらいました。

対北朝鮮「融和」と「対立」の歴史

[写真]1月9日に板門店で行われた南北高官級会談(代表撮影/ロイター/アフロ)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が新年の辞で、北朝鮮は平昌五輪に参加する用意があると発言したことから南北間の協議が始まり、9日には北朝鮮の五輪参加が合意されました。この結果、朝鮮半島では3月まで平穏な日々が続くことになったと思われます。

 そもそも南北間には「統一国家の実現」という究極の目標がありますが、現実の対話では、離散家族の再会、人道支援、スポーツ面での協力、南北の境界付近で発生した紛争の処理などが話し合われてきました。実際には対話と対立の繰り返しだったと言えるでしょう。たとえば、金大中(キム・デジュン)大統領は相手を温かく包む「太陽政策」で南北交流を進め、開城(ケソン)工業団地の設置、北朝鮮へのコメ支援などを行い、また、現代グループは北朝鮮と共同で金剛山の観光事業を開始しました。さらに、金大中氏は韓国の大統領として初めて平壌(ピョンヤン)を訪問し、金正日委員長との共同宣言では南北統一原則の確認をはじめ、離散家族、親戚の訪問なども合意しました。

 廬武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も北朝鮮との関係改善には熱心で平壌を訪問しました、しかし、李明博(イ・ミョンバク)と朴槿恵(パク・クネ)両大統領の時代はむしろ対立が目立ち、金剛山観光事業は中断され、また、開城工業団地も閉鎖されるなどしました。

 文在寅氏は廬武鉉大統領時代の側近であり、北朝鮮に対する政策面でも廬武鉉大統領に近いと言われています。

北朝鮮の安全問題は解決できない中ロ

[写真]1月10日に年頭記者会見した文在寅大統領(ロイター/アフロ)

 9日の南北協議は北朝鮮のオリンピック参加問題が主たる議題でしたが、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の記者会見で、「私の任期中に北朝鮮の核問題を解決することが目標だ。朝鮮半島の非核化は、決して譲れない韓国の基本的な立場だ」などと非核化問題にかなり踏み込んだ発言をしました。これに北朝鮮は強く反発し、平昌オリンピックに参加しないこともありうることを示唆しました。

 北朝鮮は、韓国とは非核化の問題について話し合いをしようとしません。1950~53年の朝鮮戦争以来の経緯から、韓国でなく米国が主要な相手だと見ているからです。今回の文氏の発言については、やはり韓国を相手にしないことを、牽制の気持ちを込めて確認しようとしたのだと思います。

 北朝鮮は、北朝鮮の国家の存亡や安全保障を脅かしている米国に対抗するために核兵器やミサイルが必要という考えです。実際に米国が脅威か否かは議論があるでしょうが、米国は日本とともに北朝鮮を承認していないので、北朝鮮がそのような立場であるのは理由のないことではありません。また、北朝鮮は、米国がイラク戦争のように攻撃してくることを恐れていると言われています。つまり、北朝鮮の核問題はその安全をどう確保するかにかかっており、その問題についてカギを握っているのは米国だけなのです。

 北朝鮮の非核化を実現できるのは中国だという考えもありますが、中国はロシアとともに北朝鮮を国家として承認しており、北朝鮮にとって脅威でありません。中国やロシアは北朝鮮に対して非核化の説得をしたり、原油禁輸など経済制裁の強化により圧力をかけたりすることはできるでしょうが、北朝鮮の安全問題は解決できません。それは北朝鮮と米国との間の問題だからです。