第158回直木賞受賞者門井慶喜さんが会見(THE PAGE編集部)

 日本文学振興会は16日夜、第158回芥川賞・直木賞(2017年下半期)受賞作を発表し、芥川賞に、石井遊佳(ゆうか)氏(54)の「百年泥」と、若竹千佐子氏(63)の「おらおらでひとりいぐも」の2作を、直木賞には、門井慶喜(かどい・よしのぶ)氏(46)の「銀河鉄道の父」を選出した。

 午後5時から築地の料亭で選考会を開き、午後7時前に受賞作が発表された。この後、午後8時以降に都内のホテルで受賞者が会見し、喜びを語る。石井氏はインド在住のため、電話での会見参加となる。

 芥川賞には、3度の直木賞ノミネート歴もある宮内悠介さんらの5作、直木賞は、人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のSaoriこと藤崎彩織さんらの5作が候補になっていた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表」に対応しております。

     ◇     ◇

朝日新聞:朝日新聞の吉村と申します。このたびはおめでとうございます。

門井:ありがとうございます。

朝日新聞:今回の「銀河鉄道の父」という作品を読ませていただいて、タイトルは父で、父と賢治の関係が中心になってるんですけれども、お母さんとの関係、そして妹たちとの関係っていうのも非常に心を打たれるものがあって、特に女性に対する門井さんの視点っていうのが暖かく、しかも自然な感じを受けたんですけれども、女性を描くときに何か注意されていることとかございますか。

門井:歴史上の、特に今回は明治・大正時代ですが、の女性という点ではやっぱり今とはちょっと、社会的な地位というか位置が違うという点で、その点は意識することはあります。

【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表