芥川賞受賞の若竹千佐子さんが会見(THE PAGE編集部)

 日本文学振興会は16日夜、第158回芥川賞・直木賞(2017年下半期)受賞作を発表し、芥川賞に、石井遊佳(ゆうか)氏(54)の「百年泥」と、若竹千佐子氏(63)の「おらおらでひとりいぐも」の2作を、直木賞には、門井慶喜(かどい・よしのぶ)氏(46)の「銀河鉄道の父」を選出した。

 午後5時から築地の料亭で選考会を開き、午後7時前に受賞作が発表された。この後、午後8時以降に都内のホテルで受賞者が会見し、喜びを語る。石井氏はインド在住のため、電話での会見参加となる。

 芥川賞には、3度の直木賞ノミネート歴もある宮内悠介さんらの5作、直木賞は、人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のSaoriこと藤崎彩織さんらの5作が候補になっていた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表」に対応しております。

【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表

受賞の第一声、今の気持ち

司会:それでは記者会見と質疑応答に移らせていただきます。芥川賞の若竹千佐子さま、ご受賞の第一声、お気持ちをお願いいたします。

若竹:そうですね、もう、人生の終盤でこんな晴れがましいことが私に起こるなんて、もう信じられないというのが最初の気持ちです。

司会:よろしいですか。では質疑応答に移らせていただきます。ご質問のある方は挙手をお願いします。ご所属とお名前をお願いいたします。

史上2番目に年長、ということについて

共同通信:共同通信の田村です。おめでとうございます。

若竹:ありがとうございます。

共同通信:芥川賞の史上で見ますと、今回、63歳での受賞っていうのは史上2番目に年長だということなんですけれども、特に若竹さんの小説は老いというものをテーマにしていらっしゃると思うんですが、それに引っ掛けて、2番目っていうことについて思うところがあったら教えてください。

若竹:そうですね、まだ、そうですね、ちょっとまだ言葉にならないんですけれども。老いということをテーマにしましたが、実はこの間、座骨神経痛になって、もう脚が痛くて、それで初めて、これは大変なことなんだと。それまでは私は、やっぱり老いを書いてても、それはやっぱり頭の上だけのことで、まだまだ本当の老いの大変さっていうのを、本当はまだ知らないんだなっていうことを痛切に感じまして。これからです。63ですけれども、でもこれから私は老いていくので、それを同時進行でこれから書いていこうと思っています。

司会:ありがとうございます。ほかにご質問のある方は挙手を願います。