第158回芥川賞受賞者石井遊佳さんが会見(THE PAGE編集部)

 日本文学振興会は16日夜、第158回芥川賞・直木賞(2017年下半期)受賞作を発表し、芥川賞に、石井遊佳(ゆうか)氏(54)の「百年泥」と、若竹千佐子氏(63)の「おらおらでひとりいぐも」の2作を、直木賞には、門井慶喜(かどい・よしのぶ)氏(46)の「銀河鉄道の父」を選出した。

 午後5時から築地の料亭で選考会を開き、午後7時前に受賞作が発表された。この後、午後8時以降に都内のホテルで受賞者が会見し、喜びを語る。石井氏はインド在住のため、電話での会見参加となる。

 芥川賞には、3度の直木賞ノミネート歴もある宮内悠介さんらの5作、直木賞は、人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のSaoriこと藤崎彩織さんらの5作が候補になっていた。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表」に対応しております。

【中継録画】セカオワ藤崎彩織さんら候補 芥川・直木賞を発表

今の気持ちについて

司会:それでは最後に、電話がつながっております、インドにいらっしゃる石井遊佳さん。音声上げて。

石井:はい。

司会:聞こえますか。

石井:聞こえます。初めまして。

司会:ではまず、今、どちらにいらっしゃるのか、ご説明いただいてもよろしいですか。

石井:はい、私は今、南インドのタミルナードゥ州というところの州都のチェンナイという街におります。だいたい3年ぐらいおります。で、夫と2人で日本語教師をしております。

司会:それと、さっき私、電話で確認したんですけど、贈呈式にはいらっしゃれるというようなことで。

石井:はい。もう、あしたかあさってには帰国しようと思っておりますので、参加させていただきます。

司会:了解いたしました。ではまず、授賞されて、今のお気持ちをお願いいたします。

石井:そうですね、はい、私も皆さんと一緒に記念撮影したいです。もう、うらやましいですね。もう、私の場合は1作目でこういう栄えある賞をいただきましたので、もう去年の後半から、あれよあれよという間に周りの状況が激変して、こういう、人生はこういうものかといい意味で驚いています。で、今まで体験できなかったことを体験できて、とても面白がっております。けれども、先ほども言いましたとおりインドにおりますので、お知らせは直接いただくものの、自分がどのように取り上げられているかについてまったく分からないので、何か間接的に伝聞っていう形で、友達がテレビ見たよとか、雑誌、新聞、読んだよとかいって教えてくれるんですけど、なんか自分のことなのに、なんか前世の自分のうわさを伝え聞くような、不思議な感覚でおります。はい、以上です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします