U-21代表を率いる森保監督は、ウズベキスタンでの大敗で何を感じたか(写真・アフロスポーツ)

 これが準公式戦と公式戦の違いなのか……。1か月前とはまるで別のチームだった。

 12月15日、タイで開催されたM−150カップ決勝でU−21日本代表(当時U−20)はU−23(当時22)ウズベキスタン代表と対戦した。このとき、PK戦の末に敗れたものの、90分間では2−2のドローだった。

 ところが1月19日、中国で開催中のU−23アジア選手権の準々決勝で再び顔を合わせると、相手はメンバーがさほど変わっていないにもかかわらず、スピードも、迫力も、ゲーム運びも大きく違った。

 前半のうちに3ゴールを叩き込まれた日本は、後半開始早々にもゴールを奪われ、0−4と大敗。最後まで反撃の手立てが見いだせなかった。

「強いチームだと思っていたし、タフな試合になるとも思っていましたけれど、想像以上に強かった」と、森保一監督も、完敗を認めるしかなかった。

 ウズベキスタンは2年前のU−20ワールドカップで準々決勝に進出したメンバーが中心になっている。やはり、世界ベスト8の実力は、ダテではなかった。

 しかし、だからこそ、この完敗からは得るものも多い。
 U−21日本代表とは、2年後の東京五輪に出場する、いわゆる五輪代表である。昨年12月に立ち上げられ、前述のM−150カップ、今年1月の大阪・堺合宿を経て、最初の公式戦であるU−23アジア選手権に臨んだ。

 チームを率いるのは、サンフレッチェ広島を12年、13年、15年のJ1王者に導いた森保監督である。
「なるべく多くの選手を見たい」という理由でM−150カップに臨んだ23人から15人も入れ替えてU−23アジア選手権に臨んだ一方で、自身が広島時代に採用していた3−4−2−1の可変システムを代表チームにも導入。大会を戦いながらチームコンセプトや戦術の浸透に取り組んできた。

 それが、GKからの攻撃のビルドアップ、相手をワイドに広げた上でのサイドと中央の攻撃の使い分け、5トップ気味の前線のコンビネーション、5−4−1に変更して組む守備ブロック、最終ラインのリスクマネジメント……といったチーム戦術であり、約束事である。