修復されたベースインスム。寺前に立派な広場が建設され、色々なイベントが行われるようになった=シリンホト市(2011年7月撮影)

 日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。


【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第7回

現在は宗教活動が盛んになり、若いラマもかなり増えている=シリンゴル盟・シリンホト市(2015年6月撮影)

 モンゴル民族は敬虔な仏教徒である。彼らは日本や韓国と同じ、仏教を信仰している。モンゴル社会に仏教が伝来し、その社会や文化に強い影響を与えるようになってからすでに何百年が立った。13世紀以降の彼らの歴史や文化や芸術を語る上で、仏教は切っても切れない。しかし、社会主義になってから仏教は悲惨な弾圧と徹底的な破壊を受けた。 

 知名度が高いものや観光用に利用される価値がある寺は少しずつ修復されている。

 小さい地方の寺らに比べ、シリンホト市にはベースインスム(貝子廟)、またの名を「アリア・ジャンルン・パンディタ・ヒードゥ」、清朝からは「崇善寺」という名前を与えられた大きな寺がある。当時、寺の名前は満州語、モンゴル語、チベット語と中国語の四つの言語で命名されることが一般的だった。内モンゴルでも有数の学問寺であり、最盛期に2000人以上のラマがいたという記録が残されている。

 1940年代にはシリンゴル地方の宗教、政治、文化や商業の中心地であり、日本の特務機関も駐在していたことがある。当時、多くの日本人学者はここからシリンゴル地域の奥地まで出かけ、モンゴル遊牧研究や生態研究などを行っていた。

内モンゴル自治区の地図

 有名なモンゴル学者の磯野誠一氏はここから バロンウジュムチン・ホショー の奥地への冬の旅を実行し、のちに妻の富士子氏が「冬のモンゴル」という本にまとめた。また、従軍していた記者の小池秋羊氏は同じくここでの体験を「遙かなるモンゴル・内蒙古紀行」という本にまとめている。さらに有名な『スーホーの白い馬』を描いた絵本作家の赤羽末吉氏がここを訪れ、数多く貴重な写真を残した。

 実際、2016年6月にJCII(日本カメラ財団)フォトサロンに おいて、その写真展を拝見した時は本当に感動し、感無量だった。二度と目にすることができないベースンスムとそこでいきいきと生きる人々の姿が素晴らしい資料として残されていた。いつかそれらの貴重な写真を内モンゴルで展示し、一冊の本にまとめたいと願っている。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第7回」の一部を抜粋しました。


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。