[写真]騒動以降、どんな気持ちで過ごしてきたかを説明する篠崎社長(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

TBSテレビ:TBS『あさチャン!』の住田と申します。成人の日から18日がたちました。なぜ、今まで雲隠れしていたのでしょうか。どこで何をしていたんでしょうか。どんな気持ちで逃げていたんでしょうか。お聞かせください。

篠崎:対応に苦慮しておりまして、事の重大さは分かっていたんですけども、どのように対応したらいいか分からず、その時点では弁護士先生はまだ決まっていませんでしたので相談するところもなく、非常に重大なことになっていることは気付いていたんですが、今日の今日にこの会見がなってしまったことをまずおわび申し上げます。

 先ほども話しましたように、毎日、とても寝れるような状態でない精神状態でずっと過ごしておりましたことと、成人式を迎えられなかったこと、お嬢さま、ご家族さまのことを思うと、非常に心が痛む日々でした。ただ、私1人で何か対応しようとしても対応しきれず、

【全文】「はれのひ」社長が会見(全文3)可能性あったので、ぎりぎりまで探った