[写真]「可能性があったのでぎりぎりまで交渉を続けた」と説明する篠崎社長(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

日本テレビ:日本テレビのコバヤシと申します。先ほど社長、ぎりぎりまで交渉していたとおっしゃっていましたが、成人式前日の1月7日の時点で当日の営業ができないことっていうのは分かっていたんでしょうか。

篠崎:いろんな方面から可能性があったので、例えば成人式当日の技術者さんの宿泊先をお支払う資金がありませんと、朝早いものですから支度ができないことになってしまうんですけども、その辺もぎりぎりになって、業者さんが自分のところで立て替えるからということだったんですね。あるいは、

【全文】「はれのひ」社長が会見(全文4)正直、私の資産はない。会社に入れたので