マーリンズのときは、「必要とされている」がキーワードになった。それを強く感じたからこそ、控えとはいえ、イチローは決断した。ただ、マイナー契約の招待選手となると、多少、受け入れ側の思惑が異なる。なにがなんでも、というより、まずは様子を見てからーー。

 だが案外、イチロー自身はそれをプラスに解釈して、受け入れるような気もする。

 仮に、マイナー契約と日本球界復帰という二つの選択肢があるとする。前者がなんの保証もない険しい道なら、後者はレッドカーペット待遇。でも、その二択なら、イチローは迷うことなく、前者を選ぶのではないか。

 そうした一方で、同じくフリーエージェントの上原浩治が、マイナー契約しかオファーがないなら引退する、としているのも理解できる。

 同じマイナー契約の招待選手でも、立場が異なる。ある程度の結果を残してきたとはいえ、上原の場合は、オープン戦でほぼ完璧な投球が求められる。怪我でもすれば、それで終わり。力が同等の若手がいれば、選ばれるのは若手の方。おそらく上原自身、そんな選手を何人も見てきた。

 対してイチローの場合、招待選手ではあっても、それなりに優遇されるはず。オープン戦では決められた打席を与えられ、途中でカットされることもない。極端に言えば、結果が伴わなくてもいい。体の動き、若手への影響力がむしろ、評価ポイント。別格の実績を残した選手に対する計らいは、おのずと違ってくる。

 ただそこで、最終的にメジャー契約を結ぶ、ということが前提なら話は簡単だが、逆の場合、それを伝える人にとっては重責がのしかかる。マイナー契約をオファーするということは、そこまでを含んでのことである。

「そういう意味でも難しい」と前出のスカウト。

「こうしてプロテストを受けに来ている選手に、ちょっとチャンスを与えてみるか、というのとはまるで状況が異なるから」

 もっとも、マイナー契約しかない、と今の時点で決めつけるのも短絡的な話だ。まだ、行き先の決まっていないフリーエージェント選手が100人以上もいるのである。

 よって、もう少しパズルのピースが収まるべきところに収まって初めて、チームに足りないものが、明確になるのかもしれない。

(文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします