アマゾンがとうとう無人AIコンビニの開業にこぎ着けました。レジのない無人コンビニの登場は小売業界の常識を一変させるともいわれています。

米シアトルにあるアマゾン・ゴーの店内

 米アマゾンは1月22日、本社のある米シアトルで、無人コンビニ「アマゾン・ゴー」の一般開放に踏み切りました。同社は2016年12月に、無人でレジのないコンビニ「アマゾン・ゴー」の事業構想を明らかにし、本社のあるシアトルで試験運用を行ってきました。当初は2017年3月に一般開放予定でしたが、運用上のトラブルが発生したことから延期されていました。ようやく諸問題を解決するメドがついたことから、一般開放となったわけです。

 店舗の広さは約160平方メートルで、日本の標準的なコンビニより少し広いくらいの大きさです。日本のコンビニとは異なり、アマゾンの店舗は、飲料や総菜を中心とした商品構成になっています。

アマゾン・ゴーのゲート(ロイター/アフロ)

 アマゾン・ゴーの最大の特徴は、会計がすべて自動化されている点です。あらかじめアプリをスマホにダウンロードしておくと、ゲートを通って入店できます。店内で手に取った商品は自動的に「買い物カゴ」に入りますが、レジはなくそのまま店を出ればアマゾンのアカウントで課金されるという仕組みです。

 顧客が商品を手にとったのかどうかは、店内や商品に設置した無数のセンサーとAI(人工知能)を使って認識し、一旦手に取った商品も元に戻せば自動的に買い物カゴから削除される仕組みになっています。

アプリに表示されたバーコードを使って入店する(ロイター/アフロ)

 報道によると、今後の展開について同社は、当面はシアトルの店舗に集中するとしており、すぐに全国展開するという状況ではなさそうです。とりあえず1号店の開業にはこぎ着けましたが、AIを使って顧客の動きを確実に把握するのは並大抵ではありません。本社のお膝元でノウハウを蓄積し、その後、全国展開を図る方針と考えられます。

 今後、アマゾンの無人コンビニが普及することになった場合、小売業界の常識が一変することになります。アマゾンは世界最大のネット通販企業ですから、ネットとリアルの融合が一気に進む可能性があります。また、人を介さない業務が当たり前となれば、小売業のコスト構造についても根本的に見直す必要が出てくるかもしれません。アマゾン・ゴーがどこまで普及するのかは分かりませんが、小売各社は抜本的な対応が求められそうです。

(The Capital Tribune Japan)