日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。


【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第7回

文化大革命中に破壊されたシャンドインスム。この寺はシャンドソムの中心地としての役割を果たしてきたことは間違いない=シリンゴル盟・シローンフブートチャガン・ホショー(2016年9月撮影)

 モンゴル民族は敬虔な仏教徒である。日本や韓国と同じ、仏教を信仰している。モンゴル社会に仏教が伝来し、その社会や文化に強い影響を与えるようになってからすでに何百年が立った。13世紀以降の彼らの歴史や文化や芸術を語る上で、仏教は切っても切れない。しかし、社会主義になってから仏教は悲惨な弾圧と徹底的な破壊を受けた。

 多くの寺は、現在の学校や病院の役目を果たしてきた。

 さらに、草原のあちこちに点在する寺が、その地方の中心地になり、物流センターやコミュニティー交流の役割を果たしていた。当時、寺の名前は満州語、モンゴル語、チベット語と中国語の四つの言語で命名されることが一般的だった。モンゴルの寺はそれら4つの言語による正式な名前よりも、その場所の地名で呼ばれることが一般的である。

 寺の周辺には中国人の商人達が店を構え、その規模がどんどん大きくなった。それが発展し、日本でいう門前町がいくつも出来た。実際シリンホト市もベースインスムの門前町から現在の規模になっていった。

 寺はモンゴル歴史研究、文学研究に欠かせない大事な資料館だった。当時、多くの寺には仏教経典以外にも、沢山の歴史文献、文学文献等が保管されていた。一部破壊を逃れた寺に多くの貴重な資料が無事に残されている。

 また、寺自体が貴重な建築資料であり、モンゴル建築史、美術史を研究するためには、それ自体が大切な宝庫となっている。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第7回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします