あどけない笑顔と抜群のスタイルで、モデル、女優、タレントとして活躍する筧美和子。最新作映画『犬猿』では、何でもできる姉にコンプレックスを抱きながらも、美しい容姿をウリにして芸能活動をする妹・真子を演じている。劇中「胸がでかいだけで、芝居ができるわけでも、とびぬけた才能があるわけじゃないでしょ」というセリフや、不器用でコンプレックスの塊である役柄に「自分と重なる部分があって痛みを感じた」と語った筧が自身の内に秘める思いを明かした。

【写真特集】筧美和子「不器用でコンプレックスの塊」自分と重なる役を好演

「テラスハウス」出演は表裏一体

筧美和子(撮影:志和浩司)

 筧と言えば、2013年に放送のリアリティバラエティ番組「テラスハウス」に出演し、大きな注目を集めると、さまざまなジャンルへ活躍の場を広げていったが、

 「こういう取材を受けるときでもインタビュアーの方が『テラスハウス』の話は触れちゃいけないのかなと気にされることがあるんですよね」と笑顔をみせると「あえて伏せようという気持ちもなく、私のなかではすごく愛すべき仕事の一つという印象なんです」と自身のなかでの「テラスハウス」の位置づけを語る。

 また「テラスハウス」に出演していたことについて「表裏一体」という表現を使うと「あの番組で自分をさらけ出したことによって、お芝居でも全開で臨めるというか、怖い部分はなくなりました。一方で『テラスハウス』の印象は強いと思うので、それを乗り越えて新たな姿を知っていただけるようになりたいなという気持ちもあります」と胸の内を明かす。

「胸しか取り柄がない」という言葉に奮起!

筧美和子(撮影:志和浩司)

 筧の言葉どおり、劇中、ニッチェ江上敬子演じる姉・由利亜とのバトルでは、清々しいほどに振り切った演技をみせる。顔やスタイルが良いため、取引先の男性にはチヤホヤされ、グラビアなどの芸能活動を行っているが、姉からは「要領の悪さ」や「頭の弱さ」を馬鹿にされ、芸能事務所のマネージャーからは「胸しか取り柄がない」と痛烈に批判される。

 こうした役柄に「脚本を読ませていただいたときから自分と重なるところがあって、吉田恵輔監督(吉田の「吉」は「土」に「口」表記)とお会いしたときも『私のことどこかで観ていたのですか』と聞いたぐらいなんです」と驚きの表情をみせる。実際「胸がでかいだけで、芝居ができるわけでも、とびぬけた才能があるわけじゃないでしょ」というセリフは、吉田監督が、真子を筧が演じることになってから書き換えたという。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします