協会の隠蔽工作を告発した貴乃花親方の激白を無視していいのか?(写真・アフロスポーツ)

 大相撲の貴乃花親方(45)のメディアを通じた反乱が始まった。これまで沈黙を貫いてきた貴乃花親方は、連日、テレビ出演を行い、弟子の貴ノ岩(27)が元横綱日馬富士(33)から受けた暴行事件の当事者の一人として衝撃発言の数々を行っている。

 7日に放送されたテレビ朝日系「独占緊急特報!! 貴乃花親方すべてを語る」は、日本相撲協会サイドの聴取などを拒否してきたとされた問題について、文書などで複数回報告してきたこと、協会サイドから警察への被害届の取り下げを要請されたことなど、もし、それが事実なら大問題となるショッキングな内容だった。また8日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」でもインタビューに答え、元日馬富士の引退会見での発言や、暴行現場にいながら止めなかった横綱・白鵬の土俵上での姿勢などを批判した。
 
 テレビ朝日系での告白は、関東地区の平均視聴率が13.6パーセントをマークするほど、多くの人の関心を集めたが、ネット上でも、議論が沸騰。理事降格のペナルティを科した協会、評議員会の判断の誤りを指摘する声や、協会の隠蔽体質を批判するコメントであふれた。
「これが本当なら八角理事長は辞任すべき」との意見も多かった。

 この特定のメディアを通じて行われた貴乃花発言を協会は、どう受け止めるべきなのか? 隠蔽工作疑惑まで明らかにされて無視を決め込んでいいものなのか?

 相撲ジャーナリストの荒井太郎氏は、「理事候補選が終わりすべてがスッキリしたので口を開いたのかもしれません。貴乃花親方側からだけの情報発信で、それが真実かどうかはわかりませんが、もし本当であれば大問題となる話もありました。被害届の取り下げという働きかけが協会からあったという部分や、貴ノ岩の怪我を《右側頭骨骨折》とする診断書が公開されたような部分は問題ですね。被害届の取り下げについては協会は認めないでしょうが、診断書については、後から重傷を否定するかのような医師のコメントは何だったのか、という疑念は残ります。その背景に何があったのか、と。おそらく貴乃花親方が文書で協会に訴えてきた内容については、客観的事実に反する点が多いと危機管理委員会は判断して、ああいう最終報告書になったのだと考えられますが、協会が、きちっと総括すべき点は、まだ残っていますね」という意見だ。

 隠蔽工作疑惑を投げかけられた協会側は無視することは許されない問題だろう。

 ただ“告発”の仕方が、すべてのメディアに対して行われた公式な記者会見でなく、特定のメディアだけに喋ったという手法を取っただけに、協会側が、どう取り扱うかは微妙だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします