なでしこジャパンの高倉監督は世代交代に挑む

 毎年初春にポルトガルで開催される女子サッカーの国際大会、アルガルベ杯(2月28日~3月7日)に臨むなでしこジャパンのメンバー23人が9日、日本サッカー協会から発表された。

 今年は4月6日から、来年のFIFA女子W杯フランス大会のアジア最終予選を兼ねた、AFC女子アジア杯がヨルダンで開催される。歴代初の女性指揮官として2016年4月に就任。3年目を迎えた高倉麻子監督(49)は東京・文京区のJFAハウスで行われた記者会見で、内容だけでなく結果も問われるシーズンの初陣をこう位置づけた。

「今年の最大の大会である、4月のアジア杯へ向けてチームを成長させていく意味でも、しっかり戦っていけるメンバーを選びました」

 女子W杯ドイツ大会を制し、日本中に感動を与えたのが2011年の夏。翌年のロンドン五輪、2015年の女子W杯カナダ大会でも銀メダルを獲得したなでしこジャパンは、世界のサッカー史上にさん然と輝く一時代を刻んだ。

 しかし、ひとつのスタイルが確立されれば徹底的に研究され、それを覆すための手段が講じられるのが勝負の世界だ。世界との体格差やフィジカルの差を埋めるために磨かれた、ボールを大切に保持しながら人も動くなでしこの戦い方を、アメリカを筆頭とするライバル国も取り入れ始めた。

 加えて、なでしこジャパンの世代交代の遅れが拍車をかける。佐々木則夫前監督(現十文字学園女子大学副学長、大宮アルディージャトータルアドバイザー)のもと、4位に入った2008年の北京五輪からほぼ同じ主力で戦ってきたチームは、同時進行で伸びしろも失っていった。

 本来ならばロンドン五輪後の3年間で、着手すべきテーマが世代交代だった。佐々木前監督も挑んだものの、最終的には世界一メンバーが重用された。前回のW杯は何とか勝ち上がることができたが、翌2016年3月のリオ五輪アジア最終予選で限界を露呈した。

 6ヶ国中で3位に終わり、上位2位までに与えられる五輪切符を逃したことを受けて、2008年1月から指揮を執ってきた佐々木監督が退任。ひとつの時代が終わりを迎え、現役時代は日の丸を背負って79試合に出場した実績をもつ高倉監督が就任した。

 リオ五輪に出場できなかった悪夢は、イコール、次のW杯まで実に3年間も大規模な国際大会から遠ざかることを意味する。レジェンド澤穂稀さんが引退し、キャプテンを引き継いだ宮間あや(前岡山湯郷Belle)もリオ五輪アジア最終予選を最後に代表から遠ざかっている。

 必然的に世間一般の注目度も下がったなかで、高倉監督は年代別の女子代表監督時代に指導した若手や、なでしこ経験のない選手を積極的に起用。選手間の新陳代謝を促しながら、来年のW杯に照準をすえてチームを作り直してきた。

 その象徴が今回もメンバーに名前を連ねた、20歳のDF市瀬菜々、29歳のFW櫨(はじ)まどか(ともにマイナビベガルタ仙台レディース)、21歳のMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)らとなる。