ソチ五輪で銀メダルを獲得した渡部暁斗は悲願の金メダルを狙う(写真・ロイター/アフロ)

 ノルディック複合スキーのソチ五輪の銀メダリスト、渡部暁斗(29、北野建設)が日本のエースとして、今日、ノーマルヒルに挑む。直前のジャンプの公式練習では強風が吹き荒れたが、3回目に102・5メートルをマークした。これは全体2位の飛距離。「まだ金メダルを獲っている人がいないので、第1号になれれば」と、悲願の金メダル獲得へ決意を口にした。
 
早大スキー部時代から頭角を現し、銀メダルを獲得したソチ五輪後、W杯では表彰台の常連となった。得意としているジャンプで上位につけ、後半のクロスカントリー10キロで欧州の強豪選手たちと駆け引きをしながら差し切るタフさをも持ち合わせている。

 かつて「キング・オブ・スキー」と呼ばれ、五輪のノルディック複合団体で2つの金メダルを持つ荻原健司氏の時代は、前半のジャンプでリードして後半のクロスカントリーで逃げ切るパターンで“王国”を作った。だが、“日本潰し”のジャンプによるタイム差を少なくするルール変更が行なわれ、欧州勢が巻き返しを見せて日本勢は後退を余儀なくされた。

 その歴史を踏まえたうえで、これまで弱点とされてきたクロスカントリーを強化。ジャンプと後半のクロスカントリーのバランスをキープして勝とうとしたのが、近年の渡部に代表される日本チームの戦略だった。
 しかし、渡部は、4年前のソチ五輪では強者フレンツェル(ドイツ)に最終の周回でスパートされて銀メダルに終わった。あれから4年が経過した。

「自分の器を試したいのです。器さえあれば、五輪で金メダルを取り、W杯複合で個人総合優勝となります。いつも試合で、その器を試されているような気がして。だからひたすらに挑戦し続けていけば良いのです」
 
 平昌五輪前の「トリプル」として有名になったW杯ゼーフェルト大会(オーストリア)で3連勝を飾り、迎えた日本の白馬W杯。地元長野の大応援団が繰り出した。

 ただ五輪に備え自国調整を理由に強豪ドイツやオーストリア、ノルウェーの主力と、若き精鋭が揃うフィンランドチームなどは来日せず、通常であれば、約50名以上の出場のところ白馬の2試合ともに38名という寂しい試合となった、

 地元の期待を背に渡部は奮闘のランをみせて4連勝、続く2試合目では3位と表彰台をキープした。
 とくに時差ボケの影響から疲労が出てきていた2試合目には、ジャンプでは追い風に見舞われ飛距離が伸びずにトップから1分17秒の差をつけられた。

「クロスカントリースキーでは、先頭集団でもまれて、最後にそこから抜け出していく。そういうレース展開が理想のひとつです。もちろんジャンプのリードがあり、独走してひとり旅で勝利するというのもありますが。自分としては駆け引きしながら最後に競り勝つのが好ましく思いますね」

 つねに試合状況を冷静に分析しながら、相手の出方をうかがい、仕掛けて引き、突き放す。それをすべてイメージしながら、体力を配分していく。それも走りながらだ。

 じつにクレバーな頭脳の選手ではないか。

「けっして、守りには入りたくないですね。いままで攻めていったからこそ、いまの成績があるのです。それとクロカンはほかの選手との集団走で、競り合った方が好きです。それで自分の調子がわかるので」

 前哨戦は、3位に終わったが、本番に向けて、ジャンプのミスを犯したときに、それをどう取り戻すかのシミュレーションができた意義は大きかった。  

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします