著名起業家のイーロン・マスク氏が率いる宇宙開発ベンチャー「スペースX」が、現時点においては世界最大となるロケットの打ち上げに成功しました。今回の打ち上げ成功で、本格的な宇宙ビジネスのメドが立ったことになります。

宇宙開発ベンチャー「スペースX」が打ち上げた「ファルコンヘビー」(写真:ロイター/アフロ)

 打ち上げられたのは「ファルコンヘビー」というロケットで、燃料にはケロシン(灯油の原料)、酸化剤には液体酸素を使用しており、低軌道上に約60トンの重量物を投入することができます。この数字は驚異的で、かつて米国の主力ロケットだったスペースシャトルの約2.5倍、日本のロケットであるH2Bの約4倍の能力があります(軌道傾斜角など諸条件によって数値は変わる)。ファルコンヘビーを超える能力を持った実用ロケットは、人類を月に送ったアポロ計画で使用されたサターンVだけです。

 重要なのは、こうした巨大ロケットをベンチャー企業が開発したという点です。かつての宇宙開発は国威発揚といった側面があり、コストを度外視して開発が進められてきました。中国やインドなどの新興国では現在でも、コストを考えずに開発を進めています。しかし宇宙開発の先進国である米国では、国家が主導する途上国的な宇宙開発はすでに過去のものとなっており、市場原理が大胆に導入されています。

写真:ロイター/アフロ

 ファルコンヘビーは徹底的なコスト削減策が施されており、実用化に成功すれば、スペースシャトル時代の10分の1、現行ロケットとの比較では3分の1のコストで打ち上げが可能となります。ここまでコストが削減されると、ビジネス面での活用が一気に現実化することになるわけです。

 もっともファルコンヘビーにも課題はあります。同ロケットは第一段ロケットが3本ありますが、このうち2本は切り離し後に、地上に向けて落下を開始し、エンジンの再点火(逆噴射)によって無事、着陸に成功しました。しかし、残りの1本はエンジンの再点火に失敗し、海中に落下してしまいました。

 すべての第一段ロケットを回収して再利用できないとコストが上がってしまいますから、スペースXとしては、回収率を上げるための工夫が必要となるでしょう。

 しかしながら、ベンチャー企業がこれだけの成果を上げるというのは画期的なことです。宇宙開発のパラダイムシフトが一気に進みそうな状況です。

(The Capital Tribune Japan)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします